PS4『十三機兵防衛圏』13人の主人公、群像劇、機兵による防衛戦、ヴァニラウェアによるドラマチックアドベンチャー

十三機兵防衛圏

PS4『十三機兵防衛圏』の情報をまとめている記事です。PS4『十三機兵防衛圏』についての情報(主に動画)が発表されましたら随時更新していきたいと思います。ちなみに上部が最新の情報、下部が以前の記事となっております。

世界観にスポットを当てた映像第二弾PS4『十三機兵防衛圏』十三機兵映像録 真実への鍵 編

[SPEC]
・開発/販売:ヴァニラウェア/アトラス
・ジャンル:ドラマチックアドベンチャー
・発売日:2019年11月28日
・価格:通常版 8,980円(税別)、限定版 14,980円(税別)
・CERO:C(15才以上対象)


十三機兵防衛圏公式サイト

雑感

『十三機兵防衛圏』の世界観にスポットを当てた十三機兵映像録の第二弾が公開されました。

13人の主人公のうち、郷登蓮也・薬師寺恵・如月兎美・鷹宮由貴・関ケ原瑛・東雲諒子・緒方稔二の7名を中心に描かれています。

救えなかった過去、救いたい未来・・・個人的に気になるワードがわんさか出てきます。

敵となる存在?謎の巨大組織の存在もチラホラ。

うん、本当に『十三機兵防衛圏』の物語が楽しみ過ぎる♪

さて、先日『デス・ストランディング』が無事に届きまして、お次にうちにやって来るのはこの『十三機兵防衛圏』です。

どちらもプレイするのが楽しみなタイトルですが、今プレイしている『英雄伝説 閃の軌跡IV』を終えないことには・・・。

それなのに、なかなかゲームする時間が作れず、日々ヤキモキしております(泣)

プレステ系のタイトルは年末年始、秋から春にかけてダダダッと話題作が発売されるので、このタイミングで一気に積みゲーが増えてしまうからなぁ・・・。



[スポンサーリンク]

以下、PS4『十三機兵防衛圏』の過去記事

ここから下は、以前に当ブログで更新した『十三機兵防衛圏』の過去記事になります。

『プリンセスクラウン』プレイ動画も!PS4『十三機兵防衛圏』十三機兵映像録 終焉への階段 編

雑感

『十三機兵防衛圏』の世界観にフォーカスしたという「映像録」だそうです。

断片的過ぎていまいちピンとこないっちゃこないのですが、崩壊した世界だの、時を超えて描かれる13人の主人公たちの物語だの、2度ほど見るとこれがまたその雰囲気にワクワクしてしまうっていう。

ヴァニラウェアの2D映像美を見てしまと、どうしてもアクションゲームであって欲しかったとも思うのですが、滅多なことではアドベンチャーゲームをプレイしない自分が、すぐさま予約したってのは、やはりそのキャラクターや世界観などの魅力に取り憑かれたからなのかもしれません。

2019年10月30日には、序盤部分(約3時間)の物語がそのまま楽しめる体験版も配信されるようですので、興味のある方や、アドベンチャーやシミュレーションに抵抗のある方なんかは、試しにプレイしてみると良いかも知れませんね!

プロローグとは違って体験版のセーブデータは製品版に引き継ぎ可能だそうですしww

さて、十三機兵映像録 終焉への階段 編と一緒に、予約特典として付属される『プレインセスクラウン』のプレイ動画(声優の磯村さんがプレイ)も上がっております。

ね、やっぱりヴァニラウェアと言えば、2Dアクションを期待しちゃうよね~(汗)

『十三機兵防衛圏』の設定で、もしこれがアクションゲームだったなら、もっともっと注目されていたのかもしれないよね。

まぁ個人的にはもの凄く注目そして期待していますけどもwww

この『十三機兵防衛圏』と同じ月に発売される小島監督作品『デス・ストランディング』より価格が高いってのは、ちょっと「ん?」ってなるwwまぁ『デススト』はSIEから発売されるから、お安目設定なんだけど(汗)

あ、ちなみに自分はどちらも予約済ですので悪しからず。

 


先着購入特典にプリンセスクラウン!PS4『十三機兵防衛圏』プロモーションムービー#04(先着購入特典追加Ver.)

雑感

映像は以前に公開されたもの(下記参照)と同じ物ですが、先着購入特典の紹介が追加されています。

先着購入特典として、デジタル・アートワークスは公表されていたのですが、その他に3つの特典が追加されるようですよ!

3つの特典が追加された4大先着購入特典は以下の通り。

[先着購入特典]
・PS4『プリンセスクラウン 復刻版(DL版)』(内容はPSP版と同じ、今冬配信予定)
・神谷盛治氏最新描き下ろしPS4テーマ
・デジタル・アートワークス
・プレミアムトークイベント参加応募券

なんと言っても原点でもあり名作でもある『プリンセスクラウン 復刻版(DL版)』、まぁPSP版と同じ内容のようではありますが、これはちょっぴりラッキーですね!

すでに予約している方も、追加特典を含めてすべてが付属するようですのでご安心をww

ちなみに自分もすでに予約しているので、当たり前っちゃ当たり前ですがホッとしていますww

 


3つのパートで進行するPS4『十三機兵防衛圏』プロモーションムービー#04

雑感

「追想編」「崩壊編」(「究明編」)といった3つのパートを繰り返すことで物語が進行していく『十三機兵防衛圏』

今回のPVでは、そのそれぞれのパートの紹介がされていますね。

主人公が13人もいるので、アドベンチャーパートの「追想編」は全部見ようと思うと、かなりのボリュームになりそうですね!

「崩壊編」に関してもボリュームありそうですね!ただ、映像見ているだけだとちょっとごちゃごちゃしているので、プレイしてみないことにはよく分かりません(苦笑)個人的にはRTSっぽくて面白そうに感じていますが。

また、アドベンチャーゲームは好きだけどバトルが苦手という方には、楽々プレイモードがあるってのは物語に集中出来るので嬉しいところかもしれませんね~。

 


発売日や限定版も公開!PS4『十三機兵防衛圏』プロモーションムービー#03

雑感

発売日が決定しましたね!なんとか2019年中には発売されるようですww

体験版となるプロローグが発表された時には、まだまだ発売までかかりそうだって声が聞こえてきましたが、それ以降思っていたよりとんとん拍子?で発売日の発表と相成りました(←あくまで個人的感想)。

『オーディンスフィア』『朧村正』『ドラゴンズクラウン』など、2D表現に定評のあるヴァニラウェアによるドラマチックアドベンチャーゲームです。

自分は『朧村正』をプレイしたことで、ヴァニラウェアのゲームに興味を抱くようになりました。まぁ『オーディンスフィア』の時から気になってはいたんだけども。

今作はこれまでのような横スクロールの2Dアクションではなくアドベンチャーゲームなのでどうなのかなぁとも思いつつ・・・雰囲気や設定は良し、シミュレーションバトル的なものもあるようですし、それはそれで好物なので、やっぱり購入することになりそうかな?(予定は未定)

[ストーリー]
「緊急速報をお伝えしています。

隕石のように飛来してきた大型の未確認物体は建物を壊しつつ、
現在も・・・・」TVキャスターが日常の終焉を告げる。

逃げ惑う人々の中、押し寄せる絶望に立ち向う少年少女の姿があった。

彼らは「機兵」と呼ばれる巨大なロボットに乗り込み、
人類の存亡をかけた最後の戦いに身を投じる。

物語は「13人の主人公」それぞれの視点で展開され、日常に起こる事件から大いなる謎を探求していくアドベンチャーパート「追想編」、「機兵」に乗り込み世界を守るバトルパート「崩壊編」、物語の振り返りや考察を行う「究明編」といった3つのパートで進行するようです。

「究明編」はまぁコレクション要素の強いアーカイブ的な感じっぽいので、実際には「追想編」と「崩壊編」を繰り返すのがゲームのメインになる感じかな?

さて、発売日決定と共に特典や限定版などの発売も決まっております。

[先着購入特典]
・DLC『十三機兵防衛圏』デジタル・アートワークス

[限定版『十三機兵防衛圏』プレミアムボックス]
・豪華スペシャルBOX
・『十三機兵防衛圏』シークレットファイル <190mm×135mm 132ページ>
・第二世代型13番機兵 ペーパークラフト・モデルキット
・DLCオリジナルテーマ&アバターセット
十三機兵防衛圏

 


PS4『十三機兵防衛圏』マフィア梶田の『十三機兵防衛圏 プロローグ』体験インタビュー

雑感

『十三機兵防衛圏 Music and Art Clips』『ドラゴンズクラウン・プロ(新価格版)』『オーディンスフィア レイヴスラシル(新価格版)』などでプレイできる『十三機兵防衛圏 プロローグ』。

有料の体験版かよ!とか言われていたりもしましたが、ゲーム自体は細かく作り込まれていそうなのでやっぱり面白そうですよね。発売日も今秋ってことで、思ったより早い気がしました(苦笑)プロローグの評価がどうだか分らないけど、今のところ自分は購入する気満々です。

 


PS4『十三機兵防衛圏』十三機兵防衛圏プロローグ

雑感

発売日が未定となり、VITA版の発売中止となった『十三機兵防衛圏』、ヴァニラウェアの安定の様相を呈していますね・・・。

動画では無いのですが、自分的にオニ気になっているタイトルですので取り上げました。プロローグ用に動画が公開されるようであればまたその時に記事にしたいと思います。

(追記:PVが公開されましたが、特に今まで以上のものでは無かったので、別記事ではなくこちらに追加しました。)

ちょっと前に噂になってた『十三機兵防衛圏プロローグ』についての発表がありました。3月14日より各商品に付属、冒頭約3時間が遊べて、製品版へのデータ引継ぎは無し(残念!)とのことです。

貼っ付けた画像にありますように『十三機兵防衛圏 Music and Art Clips』『十三機兵防衛圏 デジタルアーカイブス』『オーディンスフィア レイヴスラシル 新価格版 キャンペーンパック』『ドラゴンズクラウン・プロ 新価格版 キャンペーンパック』の4商品に『十三機兵防衛圏プロローグ』が付属されるようです。

十三機兵防衛圏プロローグ

『オーディンスフィア』『ドラゴンズクラウン』『十三機兵防衛圏』と、それぞれに含まれるPS4テーマも全部良い感じで迷っちゃいますね♪

まぁ自分が買うとしたら一番お安い『十三機兵防衛圏 デジタルアーカイブス』だと思いますが、『オーディンスフィア』も『ドラゴンズクラウン』もプレイしてないのでちょっと迷うww

 


PS4/VITA『十三機兵防衛圏』プロモーションムービー#02

雑感

『ペルソナ』のアトラスと2D横スクロール系に定評のあるヴァニラウェアにて発表された『十三機兵防衛圏』、発表はずいぶん前にされていたのですが、なかなか続報が出て来ずヤキモキしていたところです。ヴァニラウェアは待たせるメーカーとしても有名なようで、発売はいったいいつになるのやら・・・。

で、今回新たなカットが加えらた映像が公開されました!

『十三機兵防衛圏』は、“十三人”の主人公によるドラマチックアドベンチャーとのことで、80年代の世界を舞台に、少年少女は「機兵」と呼ばれるロボットに乗り込み、避けられぬ破滅の運命と戦う!ってな謎に満ちた壮大なる群像劇だそうです。

正式なジャンルも分りませんが、それをどういった形でゲームとするのか、どのようなストーリーが展開するのか、ワクワクが止まりませんww

スポンサーリンク