【2018年9月新作おすすめPSソフト】PS4『Marvel’s Spider-Man』『英雄伝説 閃の軌跡IV』『無双OROCHI3』!など

Marvel’s Spider-Man

2018年9月発売のプレステおすすめソフト5選!

2018年9月に発売されるPS系・・・っていうかもはやPS4のおすすめゲームソフトを5本、独断と偏見で選んでみました。

先月までと違って今月は色々と発売されますね!大物からシリーズ物、ここで取り上げた5タイトル以外にも『FIFA 19』や『STEINS;GATE ELITE』、『うたわれるもの斬』なんかも気になるタイトルですよね。

サイドバーの発売スケジュールもこの「新作おすすめPSソフト」記事を書く時に更新しているのですが、年末年始の注目タイトルも増えてきましたね~♪自分はまたもや年始過ぎたあたりから大変なことになりそうな予感(汗)



[スポンサーリンク]

PS4『Marvel’s Spider-Man』

Marvel’s SPIDER-MAN

[SPEC]
・開発/販売:SIE
・ジャンル:アクション
・発売日:2018年9月7日
・価格:パッケージ版 6,900円(税別)
    DL版 7,452円(税込)、デジタルデラックス版 9,612円(税込)
・SERO:C(15才以上対象)

[“ヒーロー”トレーラー]

[ゲームシステム解説トレーラー]

Marvel’s Spider-Man公式サイト

雑感

今月はこれは外せないでしょう!というタイトル、SIEとマーベル、インソムニアックの強烈タッグが世に送り出すスパイダーマンゲー『Marvel’s Spider-Man』です。

最初に『Marvel’s Spider-Man』の映像を見た時にはそのクオリティの高さに驚愕したほどww

海外のキャラゲーでは『バットマン:アーカム』シリーズが最高峰だと自分は思っていましたが、今後はこの『Marvel’s Spider-Man』もそこに名を連ねる予感さえする期待のタイトルです。

ゆえに、なんとなく『バットマン:アーカム』シリーズと似ちゃっているんですけどもね(汗)まぁでもそれ言っちゃうと・・・ねぇww

さて、『Marvel’s Spider-Man』はオープンワールドアクションで、お馴染みのヴィランが続々と登場する完全オリジナルストーリーが展開されます。

蜘蛛の糸を使うウェブ・スイングによって、ニューヨークを縦横無尽に高速移動、簡単操作でスパイダーマンのトリッキーなアクションを存分に楽しめます。操作に慣れてくれば、きっとかっこよく敵を倒したり移動することができるかと。

スパイダーマンになって浮遊感や爽快感を味わいたい方、ってかマーベルヒーローやスパイダーマンがお好きであれば問答無用におすすめですww

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『Marvel’s SPIDER-MAN』動画企画 第1弾~第3弾
・⇦PS4『Marvel’s SPIDER-MAN』ゲームシステム解説トレーラー

 


PS4『英雄伝説 閃の軌跡IV』

英雄伝説 閃の軌跡IV

[SPEC]
・開発/販売:日本ファルコム
・ジャンル:ストーリーRPG
・発売日:2018年9月27日
・価格:通常版 7,800円(税別)、永久保存版 11,800円(税別)
・CERO:C(15才以上対象)


英雄伝説 閃の軌跡IV公式サイト

雑感

リベールを舞台とした『空の奇跡』、クロスベルを舞台とした『零の軌跡』『碧の軌跡』、そしてエレボニア帝国を舞台とした『閃の奇跡』の完結編となる『英雄伝説 閃の軌跡IV』です。

ここまで長きに渡って続くと、なかなか途中参加は難しいかもしれませんし、グラフィック面で言えばそれほどクオリティが高いとは言えないのですが、何よりこのシリーズは個性的なキャラクターたちが織りなすストーリーが本当に面白いので、騙されたと思ってプレイしてみてほしいタイトル。

もちろんゲームの方も王道でありながらも、バトルの戦略性、やり込み要素も抜群で、とても面白いです。その辺りは、さすがファルコムといったところ♪

自分もチマチマとプレイしておりますよ!まだ『零の軌跡』ですけども・・・。なのに予約だけはしっかりとしているので、『閃の奇跡』は、I~IIIまで積んでしまっている状態・・・そしてまた一つ積み上がることになりますorz

ここまで『英雄伝説 軌跡』シリーズをプレイして来た方には、おすすめするまでもなく買いですね!

これまでプレイして来なかった方には、このシリーズはちょっと敷居が高くなってしまうけど、それでもおすすめしたいタイトルですので、『閃の奇跡』からでもプレイしてみてはいかがでしょうか?ま、まぁそれでも4タイトルありますが・・・。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『英雄伝説 閃の軌跡IV』店頭PV

 


PS4『無双OROCHI3』

無双OROCHI3

[SPEC]
・開発/販売:オメガフォース/コーエーテクモ
・ジャンル:タクティカルアクション
・発売日:2018年9月27日
・価格:通常版 各7,800円(税別)
    プレミアムBOX 10,800円(税別)
    TREASURE BOX 15,800円(税別)
    Deluxe Edition 11,300円(税別)
・CERO:C(15才以上対象)


無双OROCHI3公式サイト

雑感

『2』でもう終わったと思っていた『無双OROCHI』シリーズが復活!今度の敵はオリュンポスの神々となる『無双OROCHI3』です。

上の画像を見ていただければお分かりいただけますように・・・もうわちゃわちゃです。『真・三國』×『戦国』×『オロチ』のキャラクター170名が参戦するという・・・まぁそれが『無双』シリーズの醍醐味でもあるんですけどもね。

そんなこれでもかってぐらい大ボリュームな『無双OROCHI3』ですが、『真・三國無双8』からの武将は参戦していないようです。

今作のバトルでは、神器や神術、そして『真・三國無双 MULTI RAID』みたいな変身(神格化)などが新たに加えられてより派手なバトルが楽しめる模様です。

また、拠点となる陣地では、能力強化、武器鍛錬、陣地強化、武者修行などが可能だそうです。

気になるのは武者修行ですね、これほどまでにプレイアブルキャラクターが多く、『真・三國無双8』と違って各キャラにストーリーやEDなど無いでしょうから、繰り返しのプレイ軽減の為?キャラクターを武者修行に出すことで、成長させることが出来るようになっているようです。

どのぐらい機能するのかは分りませんが、ここまで来るといくらかの救済措置が無いと厳しいですからね。

あと、これまでこのシリーズをプレイして来た身としては、何が一番気になるかって言えばストリーですね。次々に強敵が現われてオロチの立ち位置がどうなっているのかが何気に一番気になるww

『無双OROCHI』シリーズのファンだった方は要注目タイトル。でも、このタイトルに関しては、一気に『真・三國』や『戦国』のキャラクターでプレイ出来るので、普段『無双』シリーズはプレイしていない方なんかにも、おすすめなのかもしれない。

[当ブログ関連記事]
今度の敵はゼウス?『真・三國』×『戦国』×『オロチ』プレイアブルキャラクター170名!PS4『無双OROCHI3』専用ページ

 


PS4『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

[SPEC]
・開発/販売:スクウェア・エニックス/Crystal Dynamics,Eidos Montreal
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年9月14日
・価格:7,980円(税別)、シーズンパス 3,500円(税別)
    デジタルデラックスエディション 9,000円(税別)、
    クロフトエディション11,880円(税別)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)


シャドウ オブ ザ トゥームレイダー公式サイト

雑感

(ぶちゃいく)ララちゃんの初代『トゥームレイダー』より以前、ララさんが“トゥームレイダー”(盗掘師)になる前の(美人ぎみ)ララさんのお話三部作の完結編『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』です。

このシリーズを通して言えることですが、グラフィッククオリティはご覧の通りとても素晴らしい出来映えです。グラフィックが綺麗になった為か、このオリジンストーリーのララさんはいつもボロボロで痛々しい感じですよね。

今作のララさんは、秘密結社トリニティの野望を阻止するために、アマゾン密林地帯にあるマヤ文明の遺跡を探検するとのこと。テーマはシリーズ共通で「サバイバル」、そして今作では「恐怖」と「ジャングルとの一体化」になっているとのことです。

このララさんの起源の物語をこれまでプレイして来た方であればやはり問答無用で購入決定かな。

そうでない場合ちょっと敷居が高くなる感じなのは『閃の奇跡』と一緒なんですが、こちらは三部作でジャンルもアクションアドベンチャーなので、比較的最初からプレイしやすいかとは思いますよ。

遺跡、探検、サバイバル、綺麗になったララさん、この中でどれか一つでも興味のあるキーワードがあれば、おすすめ出来るかと。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』トレーラー&ウォークスルー映像

 


PS4/PS VR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS

[SPEC]
・開発/販売:Cygames/コナミ
・ジャンル:ハイスピードロボットアクション
・発売日:2018年9月6日
・価格:通常版 4,980円(税別)、限定版 8,980円(税別)
・CERO:C(15才以上対象)


ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS公式サイト

雑感

PS2版のオリジナル、PS3版の『HD EDITION』、そして今回で3度目、今度は4K解像度への刷新、そして「PS VR」への完全対応がウリとなる『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』です。

PS3版の『HD EDITION』時には新作?続編?の制作も示唆されいたのですが、小島監督がコナミを離れてしまったので、新作とまでは行かずこのような形になったって感じですが、「PS VR」への完全対応は何気に大きい。

ボーナスコンテンツまでも「PS VR」に対応している気合い?の入りようです。

その他にも、若干難易度高めの『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』なので、初心者にも遊びやすい「VERY EASY」やミニマップが追加されて遊びやすくなっている模様。

また、さらに高速な戦闘を可能にする新操作タイプ「PRO」の搭載、EXミッションの3Dシューティングゲーム『ゾラディウス』にも調整が加えられているとのことww

とまぁ、色々と調整はされているものの、これまでにプレイしたことの無い人や、やはり4K対応テレビか「PS VR」をお持ちであればって感じではあるかなぁ。

「PS VR」は9月13日に、数量限定で「PS Move」2本をセットにしたパック「PlayStation VR エキサイティングパック」が発売されますし、この機会に購入しても良いかもですね!ってまぁ『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』は「PS Move」使わないだろうけど(汗)

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4/PS VR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』オープニングトレーラー
・⇦PS4/PSVR『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』イントロダクショントレーラー

 


[当ブログ関連記事]
・⇦【2018年8月PS新作おすすめソフト】

スポンサーリンク