追加キャラ、追加エピソードな大人のジュブナイルPS4/VITA『キャサリン フルボディ』PV&“王道RPG”の情報もチラリ!ほか。『ファイナルファンタジーXV』クリア後の感想!など

2018年8月10日

キャサリン フルボディ

PS4/VITA『キャサリン フルボティ』プロモーション映像

[SPEC]
・開発/販売:アトラス
・ジャンル:アクションパズル・アドベンチャー
・発売日:2018年
・価格:未定
・CERO:審査予定


キャサリン フルボディ公式サイト

雑感

「激論!王道RPGからフルボディへ!? スタジオ・ゼロ特番2017」にて公開された『キャサリン フルボディ』の映像です。

放送に出演していた渡辺浩弐さん、懐かしいなぁww変わらないww昔ゲーム(PCエンジン?)のテレビ番組(大竹まことのただいま!PCランド)に出てて、この人だけが色々とゲームを紹介してくれていたんだよなぁww彼は番組内で少しずつあか抜けていく感ありましたよねwwって、もはや・・・知らない人の方が多そうだけどww

ってまぁそんな誰もわからない昔話は置いておいて。

さて、『ペルソナ』シリーズの開発チームにより、PS3にて発売された大人のアクションパズル・アドベンチャー?『キャサリン』、当時『ペルソナ』の続編(『ペルソナ5』)の発表を待ち望んでいる最中に発表された初のPS3対応ゲームでしたww

そして、アトラスの新たなスタジオ「スタジオ・ゼロ」が、1年前に“王道RPG”を制作するとされていたのですが・・・今回発表されたのが、その『キャサリン』の完全版っていう、またもや皆が期待しているものとはまた違うモノをww

ただ、『キャサリン』もパズルゲームでありながら、ちょいとセクシーな雰囲気や浮気などといったアダルトテイストでありホラーな展開が好評だった問題作です。自分は体験版だけプレイして購入はしませんでしたが、物語の展開はかなり気になっていた記憶があります。

『キャサリン フルボディ』では三角関係から四角関係になるとのことですよ!つまりキャサリンが3人も出てくる形となるようですね!もしろんエピソード(セクシーイベントも)が大幅に追加されているようですし、パズルが苦手でも大丈夫な仕様もあるようですよ♪ それはありがたい・・・それ自分仕様!

しかしCEROはどうなるのでしょうかねぇ・・・ここは思い切ってZ指定で言ってほしいですなぁww

来年の冬発売はなのでまだまだ先ですが、タイミングによっては自分も今度は購入を考えてみようと思いますww『ペルソナ』の続編もしばらく無さそうですし・・・。

で気になる“王道RPG”の情報もチラリ。コンセプト映像第二弾です。

PROJECT Re FANTASY(プロジェクト リファンタジー)公式サイト

プラットフォームは不明ですが一応・・・。なかなか良さそうな設定と雰囲気!PS4だといいけどなぁ・・・『キャサリン フルボディ』がPSハードだし、PS4もあるかな?ってか、放送の話の中にPS5なんて言葉も出てましたがww



[スポンサーリンク]

ほか。『北斗が如く』、『DOOM VFR』、『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』、『ファイナルファンタジーXV』関連!

PS4『北斗が如く』PV

[SPEC]
・開発/販売:セガ
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年2月22日
・価格:通常版 8,390円(税別)、限定版 11,390円(税別)
・CERO:審査予定


北斗が如く公式サイト

雑感

原作をめちゃめちゃにするなと賛否別れそうな『北斗が如く』、最初の頃よりもグラフィックに磨きがかかっているのは気のせいかしらwwこのクオリティで純粋な北斗の拳ゲームだと嬉しいんだけど、本気で作ってる!ってのは感じますので、まぁこれはこれで面白いかもしれませんが。自分的には違和感もあまり感じませんしww

[当ブログ関連記事]
・⇨【2018年3月新作おすすめPSソフト】PS4『北斗が如く』
・⇦PS4『北斗が如く』TGSロングトレーラー

 


PS4『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』第五弾トレーラー

[SPEC]
・開発/販売:ディンプス/バンダイナムコ
・ジャンル:3人称シューターRPG(TPS・RPG)
・発売日:2018年2月8日
・価格:通常版 8,200円(税別)、初回限定生産版 10,900円(税別)、プレミアエディション 11,200円(税別)
・CERO:B(12才以上対象)

ソードアート・オンライン フェイタル・バレット公式サイト

雑感

自分が作ったアバターがソードアート・オンラインの世界に入り込み主人公として物語に深く関わっていける『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』、やはり爽快感重視のTPSな感じ、そしてオリジナルな物語は普通に面白そうですね!ソードアート・オンラインファンの方々は要チェックです。

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』OP
・⇦PS4『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』第四弾トレーラー

 


PS VR『DOOM VFR』ロンチトレーラー

[SPEC]
・開発/販売:スクウェア・エニックス
・ジャンル:FPS
・発売日:2017年12月21日
・価格:通常版 3,980円(税別)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)


DOOM VFR公式サイト

雑感

これとか『スカイリム』とか人気シリーズのVR専用タイトルって素敵。こういうの増えて来るといいなぁ。最近ようやく普通に買えるようになってきたし映像見るだけでも価値がるので「PS VR」が欲しい衝動に駆られている自分でありますが、なかなかちゃんとしたゲームが出て来ないのが躊躇する理由の一つ、まぁ最大の理由は金銭的問題ですがww

 


PS4『ファイナルファンタジーXV』クリア後の感想

『ファイナルファンタジーXV』クリア後の感想

感想

一年経ってしまった・・・この一年、ちょっと色々あってゲームから離れていたのですが、離れる前にプレイしていたのが、この『ファイナルファンタジーXV』でした。ストーリーはクリアしていたのですが、やり込み部分を少し残してそのまま・・・。

シーズンパス分DLC各キャラクターエピソード『グラディオラス・プロンプト・イグニス』が揃ったので、そこに触発されて再びプレイ再開、やりこみ部分はやる気を無くしたのでやめちゃいましたが、とりああえず一通り終わりましたので、これまでの感想記事とは違い、簡単にですが感想を書かせてもらいます。

『FF』シリーズは毎度新しいことをやって来るので、賛否が分かれるところですが、自分としては普通に『FF』を楽しめました。グラフィック、音楽、迫力ある演出などのクオリティも申し分無く、凄い出来映えだと思っています。アクションバトルも面白かったし、独特な世界観も比較的すんなり入り込めましたね。

なんとなく哀愁漂う男旅と友情。寄り道すればかなりのボリュームになる。あと、久しく感じなかったチョコボと召喚獣の有り難みww

とは言え、やはり『FF』は壮大なストーリーがあってこそだと思うのですが、その部分で言えば少々物足り無さはありますね。クエストやらで進行するのですが、物語が飛び飛びに感じてしまいますし、後発DLCのことを考えてなのか、はしょり過ぎてる気もしました。

オープンワールド系はストーリー(キャンペーンやクエスト)があってもだいたい短いものであり、この『FFXV』はそれらに比べると、なかなかのものだし、それなりにはまとまっているとは思いますが・・・。やはりそれらと比べるのではなく、どうしても『FF』シリーズで比べてしまうのでね。

相容れぬ自由度とストーリー性・・・どっち着かず感っていうのかな?

それでも最後のキャンプシーンでは、しっかりと感動したんだけどもね。

細かい不満部分は、移動時などのロード時間の長さ、魔法が消耗品、ものすごい映像だけど召喚獣が少ない、そして何よりもパーティメンバーに女子がいない!やっぱり華は必要です!・・・男だけの良さもありますが、飲み会に女子が居る居ないではだいぶ違うのと一緒です!

ちなみに、キャラクターエピソードに関しては、それぞれ違ったシステム、しっかりとしたストーリーであって、とても良かったです。イグニスのエクストラチャプターは必見です♪

今後もまだキャラクターエピソードは配信予定らしいので今後も楽しみ。といったところは非常に良いですよね。マルチプレイの『戦友』なんかもあり、発売から一年が過ぎてもまだ遊べるのですから♪・・・そもそもが未完成だったという話もチラホラですがorz

[当ブログ関連記事]
本編、アップデート、DLCでボリューム満点、PS4『ファイナルファンタジーXV』専用ページ

スポンサーリンク