やっぱり「リン」は男の子?PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#06「-男たちの恋愛観-」!ほか。

キャサリン・フルボディ

PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#06「-男たちの恋愛観-」

[SPEC]
・開発/販売:アトラス
・ジャンル:アクションパズル・アドベンチャー
・発売日:2019年2月14日
・価格:通常版 7,980円(税別)、限定版 13,980円(税別)
・CERO:C(15歳以上対象)


キャサリン・フルボディ公式サイト

雑感

PS3版から新キャラクター「リン」の追加により新シナリオ・新イベントの大幅追加、新規ステージの追加、パズルが苦手な方でも楽しめるエンディング保証(難易度選択・ステージスキップ等)などの新要素を引っさげてPS4で発売される『キャサリン・フルボディ』。

なんと言っても目玉は新キャラクターの「リン」なわけですが・・・。

けっこう早い段階で公開された、リンの下半身を見て驚愕するヴィンセントや、修羅場シアター最終回となるこの「-男たちの恋愛観-」の中でも、「選択肢を広げる」だとか「俺は女の子が好き」「本当に?」などのキーワードが・・・。

これはもうかなりの確率で「リン」は男の子って感じ!?

う~、やってくれるぜアトラス(スタジオ・ゼロ)めっ!

『キャサリン』というゲームの特性(四角関係・修羅場というキーワード)に目隠しされて、『ペルソナ4』で巽完二のようなキャラクターを登場させていたのを完全に忘れていたよ(汗)

リンの可愛さ(女の子としてのね)に惹かれて早々に予約しちゃったじゃねぇかよ!!(ってか気付よ・・・。)

まぁもともとPS3版が発売された時から気になっていたタイトルだし、オフラインでの2P対戦を彼女としたいってのもあるから構わないけども・・・。

リンが本当に男の子なら、それはそれで逆にストーリー展開も更に気になるっちゃ気になるし・・・ね。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#04「-浮気-」#05「リンの秘密」&「Catherine“理想の声”全ボイスセット」紹介



[スポンサーリンク]

ほか。『ルルアのアトリエ』『ジャンプフォース』『CONCEPTION PLUS』『アークオブアルケミスト』『ダイダロス』『ジャストコーズ4』関連!

PS4『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』プロモーション映像第1弾

[SPEC]
・開発/販売:ガスト/コーエーテクモ
・ジャンル:(対戦アクション)
・発売日:2019年3月20日
・価格:通常版7,800円(税別)
    プレミアムボックス 10,800円(税別)、スペシャルコレクションボックス 19,800円(税別)
・CERO:審査予定


ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~公式サイト

雑感

ガストはこれしか作って無いのかと思わせられるほどに『アトリエ』シリーズを矢継ぎ早に発表していっていますね。人気が衰えてきたのか、人気のアーランドシリーズの続編が発表されました。

ちょっと前に人気のアーランドシリーズ過去三部作を再度発売したのは、これを出す為(特にスイッチユーザーに向けて)だったんだね・・・。

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『ネルケと伝説の錬金術士たち 新たな大地のアトリエ』プロモーション映像第2弾
・⇦PS4『ネルケと伝説の錬金術士たち 新たな大地のアトリエ』スペシャルムービー TGS2018ver.

 


PS4『ジャンプフォース』るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-ショートPV

[SPEC]
・開発/販売:バンダイナムコ
・ジャンル:(対戦アクション)
・発売日:2019年2月14日
・価格:8,200円(税別)
・CERO:審査予定


ジャンプフォース公式サイト

雑感

るろうに剣心、これはまぁ参戦するだろうってヤツですね。『ジャンプフォース』の発売はまだちょっと先だけども、いったいどれぐらいの作品が参戦するのだろうか。

参戦作品は次々と発表され、主人公はプレイヤーが作るってことまで判明していますが、まだストーリーの詳細は明かされておらず、自分としてはそこが一番気になっていますね~。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『ジャンプフォース』孫悟空(SSGSS)、ベジータ(SSGSS)、ゴールデンフリーザ

 


PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』キャラクタートレーラー

[SPEC]
・開発/販売:スパイク・チュンソフト
・ジャンル:エンドレス子作りRPG
・発売日:2019年1月31日
・価格:5,980円(税別)
・CERO:審査予定


公式サイト

雑感

スパチュンは王道なゲームを作らないってところに好感を持っている自分ですが、この『CONCEPTION』も「俺の屍を越えてゆけ」ならぬ「俺の子供を産んでくれ」なエンドレス子作りという異色なRPGですよね。

ですが、そのシステムはしっかりと遊べるものだし、確か評判も悪くなかった気がします。何よりキャラクターデザインが素敵というか女の子がかーいー。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』再誕トレーラー

 


PS4『アークオブアルケミスト』OPムービー

[SPEC]
・開発/販売:コンパイルハート
・ジャンル:タクティカルアクションRPG
・発売日:2019年2月7日
・価格:通常版 7,776円(税込)、DL版 6,912円(税込)、限定版 9,936円(税込)
・CERO:B(12才以上対象)


アークオブアルケミスト公式サイト

雑感

戦略的なバトルを楽しめるRPG『アークオブアルケミスト』ですが、自分が気になるのは「拠点」。

施設を建設したり自分好みにカスタマイズすることで拠点を発展・強化していけるところかな。最近では珍しくありませんが、こういうシステムって何気に面白いですからね。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『アークオブアルケミスト』プロモーションムービー2

 


PS4『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』製品PV

[SPEC]
・開発/販売:アークシステムワークス
・ジャンル:アドベンチャー/推理アドベンチャー
・発売日:2018年12月13日
・価格:パッケージ版 7,549円(税込)、ダウンロード版:6,990円(税込)
    限定版 10,584円(税込)
・SERO:C(15才以上対象)


ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ公式サイト

雑感

『探偵神宮寺三郎』シリーズ最新作としてちょっと今風にと進化した『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』。

360°探索システムの映像を見る度に「PS VR」対応なら良かったのにと思ってしまう(苦笑)まぁ見渡せるだけだけども臨場感は増すのでは・・・それだけの為にいらんか(苦笑)

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』OP&ストーリーPV

 


PS4『ジャストコーズ4』日本語吹き替え版101&シネマティックトレーラー

[SPEC]
・開発/販売:スクウェア・エニックス/Avalanche Studios
・ジャンル:TPS
・発売日:2018年12月6日
・価格:通常版 7,980円(税別)
・CERO:Z(18歳以上のみ対象)

[101トレーラー]

[シネマティックトレーラー]

ジャストコーズ4公式サイト

雑感

最近では『Marvel’s Spider-Man』『コール オブ デューティ ブラックオプス4』『レッド・デッド・リデンプション2』『バトルフィールドV』と、いずれもその売り上げを見ると、日本でも洋ゲーが受け入れられ人気が出て来ている感じがしますね。

明らかにほとんどの和ゲーに比べて、洋ゲーのクオリティは半端無いですからね・・・コア層は流れていくのかもしれません。

スマホゲーやスイッチなどに傾き過ぎて、いつまでもAAAタイトルの開発から逃げていては、このままだと日本でも将来的に和ゲーが洋ゲーに飲み込まれてしまう日もやってくるのかもしれません。

ガラパゴス化は別に構わないと思うし、洋ゲーの真似をしろというわけでもありません。その流れはPS3初期の頃に完全に失敗しているのでorzちゃんと日本の良さを出しつつ、洋ゲーに負けないようなゲームを・・・。

そこはSIE JAPANスタジオ辺りがもっと率先してやってほしいところなんだけども・・・。

まぁ残念ながらどの日本メーカーも資金の問題や市場の関係で色々難しいのだろうけどもね(泣)

あ、『ジャストコーズ4』とは関係無い話になっちゃった(汗)

[当ブログ関連記事]
・⇨【2018年12月新作おすすめPSソフト】PS4『ジャストコーズ4』
・⇦PS4『ジャストコーズ4』ストーリートレーラー