発売日決定!PS4/PS VR『グランツーリスモSPORT』Release Date Trailer、PS4『シャドウ・オブ・ウォー』予告編トレーラー!ほか『銀魂』など。

グランツーリスモSPORT

 

PS4/PS VR『グランツーリスモSPORT』Release Date Trailer

[SPEC]
・開発/販売:ポリフォニー・デジタル/SIE
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:2017年10月19日
・価格:通常版、DL版6,900円(税別)、
    リミテッドエディション 9,900円(税別)、
    デジタルリミテッドエディション 7,900円(税別)
・CERO:B(12才以上対象)


グランツーリスモSPORT公式サイト

雑感

発売延期から長らく経ちましたが、ついに『グランツーリスモSPORT』の発売日が決定ましましたね!Xデーは2017年10月19日とのことです!

当初は海外から叩かれてしまっていましたが、発売延期後、見事に盛り返しています!まぁ特に日本ではネームバリューがあるので、コアユーザーはどう捉えているか分りませんが、ライトユーザー的には、んなこたぁ知ったことか!って話なんですけどもねww

映像表現も4K、60fps、HDR、ワイドカラープロセスに対応とグラフィックは相変わらずもの凄いですし、市販車からレーシングカー、コンセプトカーまで150台以上のクルマが収録、コースも高速オーバルトラックから首都高速まで、17ロケーション28レイアウトが収録されているのも相変わらず凄い!

もはやマニアにしか解らないような車両挙動や実車さながらの音響といった呆れるまでの拘りは半端ないですよwww

難しく感じる方もいるかもですが、アシスト機能も充実しているようで、ブレーキやステアリング操作をAIまかせにできるオートドライブ装備で、ステアリング、アクセル、ブレーキ、姿勢制御、クルマの運転を助ける高度なドライビングアシスト機能を搭載しているので、運転が苦手な方でも安心です。もちろんオン/オフ可能。

そして、何度か書いて来ておりますが、「PS VR」に対応している点は見逃せない!アーケードモードに専用モードの「VRドライブ」が用意されているようですよ。まぁ・・・発売時までに「PS VR」の供給不足が解消されるかどうかは不明ですけおもね・・・。

さて、『グランツーリスモSPORT』早期購入特典ですが、ゲーム内で使用できる3台のクルマをセットにした“ボーナスカーパック”となっています。

また、リミテッドエディションには、ドライビングテクニックからメカニズム、自動車の歴史までを詰め込んだ大判の“スペシャルブックレット”、ゲーム内で使用できる8台のクルマをセットにした“カーパック”などがダウンロードできるプロダクトコードが同梱される模様。

最後にプロデューサー山内一典さんのメッセージです。

『グランツーリスモSPORT』の発売日を発表でき、大変嬉しく思います。クローズドベータテストの成功を経て、我々は発売に向けたブラッシュアップの最終段階に入っています。クローズドベータテスト期間中にサポートいただいた 世界中の「グランツーリスモ」ファンと“PlayStation”ユーザーの皆さんに対し、この機会にあらためて感謝の気持ちをお伝えします。本日より発売までの期間、収録されるクルマやコースのリスト、キャンペーンモードの詳細など、本作についての新たな情報を随時公開していく予定です。また『グランツーリスモSPORT』を皆さんのお手元にお届けできることを心から楽しみにしています。

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『グランツーリスモSPORT』テーマ曲PV

 

PS4『シャドウ・オブ・ウォー』予告編トレーラー

[SPEC]
・開発/販売:モノリス プロダクション/ワーナー ブラザース
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2017年10月12日
・価格:パッケージ版 7,800円(税別)、DL版 7,300円別(税別)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)


シャドウ・オブ・ウォー公式サイト

雑感

「ロード・オブ・ザ・リング」として映画化された「指輪物語」や「ホビットの冒険」といっ超有名小説を原作に持ち、そのゲーム化にはかなりのプレッシャーがのし掛かると思われましたが、前作『シャドウ・オブ・モルドール』にて、そんな心配は完全払拭されました・・・って、続編の制作にはさらにプレッシャーかww

そんな前作の続編となるダークファンタジーアクションRPG『シャドウ・オブ・ウォー』

本作には更に広大となったオープンワールド、前作の特徴となったネメシスシステムのAIが進化、さらに砦を奪いそこの軍団ともども征服、部隊を育成したりして、その地域で様々な報酬を得て、サウロンと戦う準備を整えるネメシスフォートレスというシステムが追加されています。

物語や映像、他には無いシステム、全てが原作にも引けを足らない仕上がりとなっていることを期待したいですね。映像だけ見ていると申し分ない出来映えかと思われますが、秀逸であった前作からの期待感が大き過ぎると・・・文句言う輩も増えますからねww

ただ、間違いなく前作以下ってことは無いと思うので、十分に期待し得るタイトルだと思います。前作をプレイしてないし、今のところ購入する予定の無い自分でさえ何故か映像を見る度にワクワクしちゃってますからww

[当ブログ関連記事]
・⇦PS4『シャドウ・オブ・ウォー』ゲーム予告編



[スポンサーリンク]

ほか。『銀魂PROJECT Last Game』、『シルバー2425』、『塔亰Clanpool』関連!

実写化もされ再び注目されるアニメのゲーム化PS4/VITA『銀魂PROJECT Last Game』ティザーPV、グラスホッパー・マニファクチュアの代表作AVGのセットPS4『シルバー2425』、VITAの3DダンジョンRPG『塔亰Clanpool』についてです。

PS4/VITA『銀魂PROJECT Last Game』ティザーPV

[SPEC]
・開発/販売:バンダイナムコ
・ジャンル:アクション
・発売日:未定
・価格:未定
・CERO:審査予定


銀魂PROJECT Last Game公式サイト

 


PS4『シルバー2425』ティザームービー

[SPEC]
・開発/販売:グラスホッパー・マニファクチュア/日本一ソフトウェア
・ジャンル:ADV
・発売日:2018年3月15日
・価格:通常版 6,980円(税別)、限定版 9,980円(税別)
・CERO:審査予定


シルバー2425公式サイト

 


VITA『塔亰Clanpool』OP

[SPEC]
・開発/販売:コンパイルハート
・ジャンル:DRPG革命DRPG
・発売日:2018年10月5日
・価格:通常版 7,344円(税込)、DL版 6,480円(税込)、限定版 9,504円(税込)
・CERO:D(17才以上対象)


塔亰Clanpool公式サイト

[当ブログ関連記事]
・⇦VITA『塔亰Clanpool』ティザーPV

 


雑感

原作の連載が終了しているにも関わらず、今でもその人気を保ち、実写映画化されたりと女性ファンも多く持つ「銀魂」がここに来て(4年ぶり)のゲーム化『銀魂PROJECT Last Game』でありますね。ティザーPVの前半・・・っていうか半分以上が会話で言ってはならない事柄にまで踏み込んでいて銀魂色健在でありますww

ゲームの情報はほぼ皆無ですが、公式はかっこよくなっていますし、ジャンルもアクションとなっているようなので、これまでに出されて来たお茶を濁すようなゲームではないのではないかとちょっとだけ期待してみたりww

ただ、そういった所を裏切って来るのも銀魂だったりもしますので、いろんな意味で目が離せませんな。

日本一ソフトウェア設立25周年発表会にて発表された『シルバー2425』は、グラスホッパー・マニファクチュアが手がけた、PSタイトル『シルバー事件』と続編のモバイルアプリ『シルバー事件25区』をセットにしたタイトルで、『シルバー事件』はHDリマスター版、『シルバー事件25区』はHDリメイク版を収録する形となるようです。

コンパイルハートのVITAタイトル『塔亰Clanpool』は、コンパイルハートと電撃がタッグを組んだ“電パイル”なるゲームブランド第一弾タイトルで、“ダンジョンRPG革命”をキーワードに、“美少女総理大臣”が、仲間の美少女閣僚たちと、トウキョウ上空に出現した「黒界議事塔(こっかいぎじとう)」に挑むというもの。

それにしても最近はVITA専用だったり、マルチだったりするものに、ダンジョンRPGが多い気がするのは気のせいかしら。

スポンサーリンク