PS3『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII』ライトニングサーガ最終章クリア後の感想!

ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII 感想TOP画像

『FF XIII』そして『FF XIII-2』に続く最終章PS3『ライトニングリターンズ FFXIII』感想!

PS3発表当初から名を連ねながら、やっとこさ発売された『ファイナルファンタジー XIII』、続編なのにさらなるTo Be Continuedに衝撃を受けた『ファイナルファンタジー XIII-2』、そして、ついに最終章となった『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジー XIII』と、まさにPS3時代を電光石火に駆け抜けたライトニングさん!ついに終わりましたね。(ゲーム内においては『FF XIII』から何百年も経過しているワケで・・・。)本当にお疲れ様でしたぁ。

ってことで、自分はメインストーリー、“終焉に吠える獣”と“ラストワンを求めて”以外のサブクエスト、すべての祈りのキャンパス依頼、終極の冥宮でエレキシュガルに挑戦(当然倒せてません)ってな感じで、一周だけでは倒せないモンスターやら、二周目以降に可能となる装備改造やハードモードでしか入手出来ないアイテム、そんなやり込み重視で周回プレイを視野に入れて作られているにも関わらず、ノーマルモード一周のみプレイしての感想でありますので、その辺はご了承ください。



[スポンサーリンク]

ではまず一番大事な?ストーリー面

キーワードは心。複雑な用語や世界観で有名?な『ファイナルファンタジーXIII』ですが、これまでよりも解り易い内容だった気がします。(三作目ですし慣れて来ただけかも?)世界の理が一度崩壊しリセットされている(前作から数百年経過している)し、複雑に絡み合う“新たな”人間関係も無いし、それぞれのキャラクターについても、回想シーンにてちゃんと説明もされます。それでいて、しっかり前作、前々作も取り込んで、今作の世界観が作られていますので、違和感を感じることも無く物語にグイグイ引き込まれていきましたね。

これまで登場して来た敵味方のキャラクターたちが次々に登場したり、終盤やEDにて『ファイナルファンタジーXIII』以来となるそのメインキャラクターたちが、一同に会するシーンは、自分としては鳥肌モノだったかな。

ぐっちゃぐちゃだったお話もちゃんと纏まって完結しましたし、その終わり方も、自分的には納得で、ストーリーに関しては概ね満足したって感じです。

独特なシステムに関して

まさに“時は金なり”で、時間の概念が物語やゲームシステムに大きな関わりを持ちます。メインストーリーはもちろんのこと、サブクエスト、敵からの逃亡、ワールド移動などなど、何をするにも時間の経過(使用)を考えながらプレイする必要があります。計画立ててプレイするのがお好きな方とっては、けっこう楽しめるかと思いますね。
逆にそれが面倒に感じたり、ゆっくりプレイしたいって方もいるかと思いますが・・・。

ただ、世界の終わりまでに13日間しか無いとは言え、最終的には時間は余って来ますので、そんなに神経質になる必要はありません。クエストをコツコツこなすことで、最終的には14日間に延長したりもしますし。とりあえずメインとなるストーリーを先にこなしていけば、特に問題無く進められるかと思います。

成長システムに関しては、メインやサブのクエストをこなすことでのみ、基本ステータスは上がっていきます。魔法などアビリティの強化は敵を倒したり、アイテムとして入手することで可能になる仕組み。基本ステータスの上昇はいずれも数値が低くいので、むしろ武器やウェアを付け替えたりした方が、上昇率が高くて強くなるって感じですかね。

それはそれで良いのですが、正直なところ自分としては、やはりコツコツ敵を倒してはレベルを上げていけるってなシステムの方が好みだったり・・・。

『FF XIII』シリーズのメインとも言えるバトルに関して

ATBや、ロールといった『FF XIII』、『FF XIII-2』とはガラリと変わり、4つのアビリティを装着した3つの衣装をチェンジしながらバトルは行います。よっぽどの力の差が無い限りは、基本的には敵の弱点を突いたり、ジャストタイミングで防御したりと、様々な条件のもと敵をノックアウトさせてから倒すって感じです。強敵の場合、ノックアウトさせなきゃダメージを与えることさえ不可能です。

普通にボタンを押しての攻撃、衣装チェンジ、GPを使用したアビリティや回復、そして、しっかり防御もしなきゃならないので結構忙しいです。

参考までに、衣装に装着するアビリティは、各衣装共に攻撃、魔法、防御といったボタン配置を同じにしておくと、やり易いかと。また、GPは残りを気にせずガンガン使った方が良いですね。

これまでもバトルはおもしろかったのですが、アクション性がさらに増した今作も、自分的にはおもしろかったですね。慣れてくると、攻撃したり防御したりを繰り返し、敵をノックアウトさせたら、GPアビリティのオーバークロックやジーンドライブなどで、オラァァァァ!!ってな感じで一気に敵を葬り去る爽快感を得られますよ。

でも、ハッキリ言って難易度は高いです。ノーマルで始めた自分ですが、イージーでやりゃ良かったと後悔するほどにww一番最初は、イージーでプレイすることをおススメしますね。ストーリーを楽しむだけならそれで良いですし、やり込みたい方は、二周目で難易度を上げれば良いかと。

やり込み要素について

冒頭にも書きましたように、自分はプレイしませんでしたが、周回プレイを念頭に置かれており、やり込み要素の多いタイトルであります。二周目以降に武器の改造が出来るようにもなりますし、二週目以降に追加されるハードモードにおいてのみ登場する武器や防具、ウェア、さらなる高レベルアビリティがあって、それらを駆使せねば倒せない強敵が存在しますので。

ただ、時間を気にしつつやらなきゃならない細かいサブクエストを、もう一度やらなきゃならないかと思うと、ちょっと億劫になってしまいます。最強の敵が待つ“終極の冥宮”を出現させるには、必要不可欠となりますのでねぇ。

自分としては、どうせ周回プレイするのならば、やる気にさせられるような隠しムービーがあるだとかってのがほしかったところでありますし、正直言っちゃえば一周目だけでも、ちゃんとやり込み要素を満喫出来る仕組みに、
してほしかった気がしましたがねぇ。

最後にグラフィックや演出面

さすが『ファイナルファンタジー』ってところで、もはや文句のつけようもございません。ムービーとリアルタイムデモの区別がつかないほどのグラフィックであり、なんだかんだ言われていても『ファイナルファンタジー』です。

『ファイナルファンタジー』シリーズはムービーゲーとも言われがちですが、今作はムービーの挿入もほどよく散りばめられている感じですし、正直ストーリー重視な自分は、ムービーゲーに抵抗はありませんので、特に問題なし!

音楽もシリーズを通してのもの、新楽曲ともにカッコいいですしね。特に『FF XIII』初期からのバトルテーマが秀逸です。あれほんとカッコいい。『FF』恒例の勝利ファンファーレが無いのは、『FF XIII』シリーズを通してちょっと残念ですが、初回特典のソルジャー1st衣装を着けて勝利すれば、一応それを聴くことが出来ます。

上記にも書きましたように、エンディング演出にも概ね満足しております。

まとめ

いやいや、おもしろかったですね。

とにかく見どころは、三部作となったライトニングサーガの結末。そして、ライトニングさんのカッコ良さでありますかね。そんな完璧なライトニングさんが、様々な過去の記憶に葛藤するところや、自分の弱点とまっすぐに向き合うシーンも見どころかもしれませんね。

『ファイナルファンタジーXIII』で止まってしまっている方はもったいないと思います。そういった方々は是非とも『ファイナルファンタジーXIII-2』、そして、この『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII』と、時間のある時にでも続けてプレイしてみてほしいと思いますね~。

自分は、このライトニングサーガの結末を見て、『ファイナルファンタジーXIII』シリーズを続けてプレイして良かったと思えましたのでwwあと、発表された時には、またかよって感じでしたが、ここまで付き合いが長くなると、ライトニングさんとのお別れはちょっぴり寂しいものですね。

ゲームの方は、アクション性が増し若干難易度は高いですが、相変わらずバトルもおもしろいですし、規制が多くなってしまっているけども、時間の概念を物語とシステムに組み込んだってのもおもしろかったと思います。好みは人それぞれかと思いますが、(重複しますけども)なんだかんだ言われても、やはり『ファイナルファンタジー』であり、改めてそれぞれのクオリティは高いと感じましたね。

次はいよいよ、長らく待ち望んでいた『ヴェルサスXIII』こと、PS4で発売が予定されている『ファイナルファンタジーXV』ですね~!次世代機での『ファイナルファンタジー』、物凄く楽しみなのでありますっ!!!

以上、ざっくりした『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』の感想でした。

[当ブログ関連感想記事]
PS3『ファイナルファンタジー XIII-2』時を越えてクリア!

【Amazon】
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

スポンサーリンク