『モンハン』がプレステに還ってきた!課金はPS Plus加入のみ!PS4『モンスターハンター:ワールド』専用ページ

モンスターハンター:ワールド

PS4『モンスターハンター:ワールド』の情報をまとめている記事です。PS4『MHW』についての情報(主に動画)が発表されましたら随時更新していきたいと思います。トップが新規に追加した記事となり、以下、過去記事へと続きます。

意外と早い!?発売日決定!コレクターズ・エディションやオリジナルデザインのPS4も!『モンスターハンター:ワールド』PV3

[SPEC]
・開発/販売:カプコン
・ジャンル:ハンティングアクション
・発売日:2018年1月26日
・価格:通常版 8,980円(税別)、コレクターズ・エディション 15,980円(税別)
    DL版 8,315円(税別)、デジタルデラックス版 9,241円(税別)
・CERO:審査予定


モンスターハンター ワールド公式サイト

雑感

今年の東京ゲームショウでもっとも注目されているのではないかと思えるほどのPS4『モンスターハンター:ワールド』ですが、ついにその発売日が発表されました!発売日は2018年1月26日です!

これは思っていたより全然早いですよね!

ちょっと複雑ではありましたが、今年の「2017 PlayStation Press Conference in Japan」にて最大のサプライズってことになったのではないでしょうか?また国内外での評判も上々のように見受けられますし、カプコンの方も自信満々といった感じに見えましたww

て言うか、『モンハン』ってストーリー的なものとかあるの?今回公開された『モンスターハンター:ワールド』PV3では、ボイス有りでそれっぽいのがありましたが・・・ゲームの走りの部分だけってこと?んん?

もしもストーリー的なものもあるとするならば・・・間違い無く買いますがwwそしたら初『モンハン』になるwwでもまぁ可能性は低いよね、そういうゲームじゃないし・・・。

さて、発売日も決定し、予約受付も9月20日正午からスタートされるってことで製品ラインナップが一挙公開となっていますよ!

【製品ラインナップ】
[限定予約特典(パッケージ版、ダウンロード版)]
・防具「オリジンシリーズ」、「追い風の護石」

モンスターハンター:ワールド

[コレクターズ・エディション]
・PlayStation®4用ソフト『MONSTER HUNTER: WORLD』(限定特典付き)
・デラックスキット ダウンロード用プロダクトコード
   重ね着装備 「鎧武者シリーズ」
   追加ジェスチャー:3種「正座」「手裏剣投げ」「つっぱり」
   追加スタンプセット:2種「MH歴代キャラクターセット」「こんがり肉マスコットセット」
   追加フェイスペイント:1種「竜」
   追加ヘアスタイル:1種「ちょんまげ」
・Nergigante Figure (ネルギガンテ フィギュア)
 (製品素材<本体・台座>:PVC、本体サイズ:約W140㎜×D170㎜×H125㎜)
・MONSTER HUNTER: WORLD SPECIAL SOUNDTRACK(全10曲収録)
・MONSTER HUNTER: WORLD ART BOOK ~Monster Designs~
 (サイズ: W216㎜×H279㎜、本文32P、ハードカバー)

モンスターハンター:ワールド

[PS Store限定予約特典]
・スペシャルテーマ2種

モンスターハンター:ワールド

[デジタルデラックス]
・PlayStation®4用ソフト『MONSTER HUNTER: WORLD』
・追加コンテンツ
  重ね着装備 「鎧武者シリーズ」
  追加ジェスチャー:3種「正座」「手裏剣投げ」「つっぱり」
  追加スタンプセット:2種「MH歴代キャラクターセット」「こんがり肉マスコットセット」
  追加フェイスペイント:1種「竜」
  追加ヘアスタイル:1種「ちょんまげ」

モンスターハンター:ワールド

[PlayStation4 Pro MONSTER HUNTER: WORLD LIOLAEUS EDITION]
・PlayStation 4 Pro 本体 (CUH-7100 シリーズ、HDD 1TB)× 1 ※オリジナルデザイン
・ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) × 1 ※オリジナルデザイン
・PS4 用ソフトウェア『MONSTER HUNTER: WORLD』ダウンロード版(限定特典付)× 1
 ※ソフトウェア発売日の 0 時からプレイ可能
・PS4 用オリジナルテーマ × 1
・PlayStation Plus 2 ヶ月利用権 × 1

モンスターハンター:ワールド

コレクターズ・エディションに同梱されるネルギガンテのフィギュアがカッコイイってか、このモンスターかなりカッコイイよね!こいういの好きww

あと『モンハン:ワールド』に合わせて「PS4 Pro」の購入を考えていたのなら、PlayStation4 Pro MONSTER HUNTER: WORLD LIOLAEUS EDITIONはちょうど良いアイテムかもですね!デザインもけっこうカッコイイですし。

さてさて、発売日も決まりましたし、これから発売に向けてどんどん盛り上がっていくといいですね!カプコン、ソニー共に素敵なプロモーションに期待です!



[スポンサーリンク]

以下、PS4『モンスターハンター:ワールド』の過去記事

ここから下は、以前に当ブログで更新した『MHW』の過去記事になります。

こりゃ格が違う!アイルーの姿も確認!PS4『MHW』PV2&ゲームサイクル紹介

[PV2]

[ゲームサイクル紹介]

雑感

ついにPS(プレステ)へと還って来た上に最新据え置きハードPS4での発売となる『モンスターハンター:ワールド』!そのPV第二弾およびゲームサイクル紹介動画が公開されましたよー!

アイルーもキターーーー!!ソーセージ的なもの食ってて・・・カワユスなぁwww

つーか見てくださいよこの『モンハン』を!いや『モンスターハンター:ワールド』を!なんたる素晴らしい出来映えでしょうかwwこれなら真の『モンハン』と呼称しても文句は言われますまいて。

当初はグラフィックを見てもあまりピンと来なかった自分(まぁ、E3という場でおぞましいほどの洋ゲーグラフィックを見せつけられた時だったのでご勘弁を)ですが、このPVはかなり良い感じ!これまでの『モンハン』との格の違いを存分に見せつけていますね!

世界最高峰とは言えませんが、問題なく海外の人にもプレイしてもらえそうなレベルにはなっているかと思います。また、これは流石にニンテンドースイッチでは出せんなぁ・・・もし出すにしても容量問題もありますし、グラフィックやら色々と削らねばならん気がする。

自分は『ドラクエ』や『FF』のテーマ曲を聴くと鳥肌が立ってしまうのですが、この『モンハン』のお馴染みのテーマ曲を聴いても同じ現象が起きてしまいましたよwwやはり『モンハン』も国民的なタイトルとなっているのでしょうか。

ゲームサイクル紹介の方は、モンスターハンター狩猟の4ステップと題して、クエスト受注 → モンスター狩猟 → モンスターの素材をゲット → 装備のアップグレードと紹介されておりますね!

この流れは『モンハン』経験者にとって至極当たり前だと思われますが、各所グラフィックを見ても細かく作られておりますし、そういった箇所の確認も出来ますのでご覧いただければと。

9月21日~24日まで開催される東京ゲームショウ2017では、本作『モンスターハンター:ワールド』がプレイアブル出展される予定とのことですので要チェックです!

また、公式ファンクラブ「モンハン部」部員限定で抽選で「優先試遊チケット」及び「東京ゲームショウ2017」の入場券が当たるキャンペーンも始まっておりますので、興味のある方は公式サイトをご覧くださいませ!

と、盛り上がってほしい一心で色々と書いてはみたものの、自分は『モンハン』プレイ経験も無く、PVの最後に出てくるアイルーに一番感動したのは内緒www

 


課金はPS Plus加入のみ!14種類の武器公開、PS4『MHW』武器紹介動画

[大剣]

[片手剣]

[双剣]

[太刀]

[ハンマー]

[狩猟笛]

[ランス]

[ガンランス]

[スラッシュアックス]

[チャージアックス]

[操虫棍]

[弓]

[ライトボウガン]

[ヘビィボウガン]

雑感

まずはじめに課金について、自分も含め色々と憶測されておりましたが、公開生放送のQ&Aにおいて、課金はPS Plusへの加入のみということが明らかとなっています!これは大きいですよね!

前回の記事で『モンスターハンターフロンティア』みたくなってしまうのではないかという心配はMO要素よりもむしろその課金システムによるところが大きかったので。

これはまさに朗報としかいいようがありませんね!

PS Plusはただでゲームがプレイ(入手)出来るフリープレイやセーブデータ消失を無くすオンラインストレージのような魅力溢れる様々なサービスが付いて月額で476円(税別)ですので、『モンスターハンター:ワールド』をプレイしなくたって余裕で元が取れちゃいますからねぇ♪

さてさて『モンスターハンター:ワールド』公式サイトにて、本作に登場する14の武器種紹介動画が公開されましたね!

いやぁ壮観ですなww

自分はお恥ずかしながら『モンハン』をプレイしたことがありませんので、人気の武器とか使いやすいものとかってのは分りませんが、どの武器も特徴的だし使ってみたくなるものばかりですね!軽いモノ重たいモノそれぞれのモーションも悪くないね。

日本人である自分なんかは、やはり近接武器に目がいくけど、海外の方ならやっぱり遠距離武器がお好みなのかな?ライトボウガンやヘビィボウガンは海外の人が好みそうなドンパチな迫力ですもんねww

ちなみに『モンスターハンター:ワールド』では、クエスト中もキャンプで自由に武器変更が可能なため、様々な武器で楽しむことが可能!とのことです!

あと『モンスターハンター:ワールド』での新たな武器デザインのコンテストが開催されるようですよ!

賞品が最優秀賞のたった1名とかなりの狭き門となっていますが、採用されると自分がデザインした武器がゲーム内に登場するってんだからワクワクしますよね♪

『モンスターハンター:ワールド』武器デザインコンテスト

[応募期間]
2017年7月27日(木)~2017年8月17日(木)13:00

[賞品]
最優秀賞(1名)『モンスターハンター:ワールド』に登場する武器デザインとして採用

[応募から審査・最優秀作品決定までの流れ]
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、日本の4地域から武器デザインを募集。世界各地域より集まったデザインを運営チームが審査し、一次審査通過20作品を選出。その後、SNS上で公開し、「いいね」獲得数上位8作品を選出(各地域での合計数値で決定)。その中から『MONSTER HUNTER: WORLD』開発陣により最優秀賞を決定。

詳しくはこちら

SNS上の「いいね」である程度まで選出されるのは、皆が気楽に参加出来て面白いかもねww

 


『モンハン』がプレステに還ってきた!PS4『MHW』プロモーション映像①&E3 Gameplay Interview

新たな生命の地。狩れ、本能のままに!

モンスターハンター:ワールド

数多の生命が躍動する新大陸へ、この世界(ワールド)を待っていた
ハンターたちは“新大陸”と呼ばれる未知の大陸に調査団の一員として足を踏み入れる。豊かな生態系が育まれる新大陸で、モンスターの痕跡を手がかりに世界を切り開き、武器や防具はもちろん、様々な生物、植物、地形など高密度な環境全てを利用した、新たな狩りの世界が今広がる!

命息づく地、古代樹の森
多様な生物群を支える広大な森は、重なりあって1本の古代樹に連なる

さまざまな表情を持つエリアがシームレスにつながり、立体的で深みを持ったフィールド。ここをプレイヤーは自由に探索することができる。見える環境を利用することができれば、よりたくましいハンターへと成長できるだろう。

新たな世界、新たな狩り、すべてが驚きと期待に満ち溢れる
ハンティングアクションが持つ、狩るか狩られるかの緊張感、大自然の中で息づく生命とその恵みで生きる人々を描く世界観、大きな武器を手に圧倒的なモンスターと対峙する高揚感、己の力と知恵と勇気で目的を達成した時の喜び、「モンスターハンター」が新たな一歩を踏み出す

[プロモーション映像①]

[E3 Gameplay Interview]

雑感

新たな生命の地。狩れ、本能のままに!ってことで、E3 2017でSIE最大のサプライズ(国内だけ?)となった『モンハン』最新作『モンスターハンター:ワールド』であります!『モンスターハンター5』では無いのねww

PS2で発売され、PSPにてまさかの人気を博し国民的レベルのビッグタイトルへと成長しました!

しかし、PS3やVITAの時代になると、『モンハン』は任天堂ハードへ移行し、当然のようにそちらで人気爆発!任天堂最新ハードのニンテンドースイッチにも3DSからの移植ではあるものの『モンスターハンターダブルクロス』が発表されていますよね。

そこには、ソニーとカプコンとの間に、いざこざが有ったとか無かったとか・・・。

そんな中、モンハンチームが海外へと目を向けたのか、はたまたソニー陣営がバックアップして招致したのかは定かではありませんが、突然PS4に『モンハン』がやって来ました!

まぁオンラインでは『モンスターハンターフロンティア』シリーズがPSハードでも発売されておりますが・・・そちらはMO要素があり、なんとな~く敷居が高いような感じですからね。

さて、自分は『モンスターハンター』をプレイしていないので、この発表がどうなのかよくわかりませんが、このタイトルはPS4のキラータイトルの一つになり得るのだろうか??そこはちょっと疑問にも感じてしまいますねぇ。

それこそ、E3という場、世界を唸らせるほどの映像が公開されたのならともかく、PVを見る限りそこまでとは言いがたい感じがしますし・・・。

カプコンやソニーのプロモーション(いかにライトユーザーにアピール出来るか)にも寄ると思いますが、下手すりゃ『モンスターハンターフロンティア』みたくなっちゃうのではないかと思ってしまったり。

再びプレイステーションでも『モンハン』が盛り上がってほしいと切に願ってはいますが・・・。

PS2以来、初となるのかな?移植ではなく完全新作として『モンスターハンター』が据え置き機にやって来るのは?それだけに、この『モンスターハンター:ワールド』がPS4にとってどのようなタイトルとなるのかとても興味深いですし、PS4ならではの“特別なコンテンツ”が存在するとのことですので、続報に期待したいと思います。

二足歩行の恐竜みたいなのを見た時、正直ジュラシック・パーク・・・いやワールドだけにジュラシック・ワールドに見えたのは内緒ww

スポンサーリンク