『ニンジャガイデン』や『デッド オア アライブ』の江原克則さんがディレクターを努めるアクロバティック忍者対戦アクションPS4『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』ティザーPV!

NARUTO TO BORUTO シノビストライカー
CC2ではなく今度のナルトゲーはヴァルハラの子会社ソレイユが開発、『ニンジャガイデン』や『デッド オア アライブ』の江原克則さんがディレクターを努めるマルチプレイアクロバティック忍者対戦アクション『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』、国内でもティザーPVが公開されましたので、当ブログでも取り上げさせていただきました。



[スポンサーリンク]

PS4『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』ティザーPV

[SPEC]
・開発/販売:ヴァルハラ・ソレイユ/バンダイナムコ
・ジャンル:アクロバティック忍者対戦アクション
・発売日:未定
・価格:未定
・CERO:審査予定


NARUTO TO BORUTO シノビストライカー公式サイト

雑感

前回の記事冒頭にもちょっと書きましたが、ナルトゲー最新作『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』のティザーPVが国内でも公開されましたので当ブログでも記事にしました!

ナルティメットストームはアニメ寄りでしたが、こちらのグラフィックは原作に近い感じかな?

ゲームはオンラインで仲間とフォーマンセルを組んで4vs4のマルチ対戦、超立体アクロバティックアクションが楽しめるとのことです。

で、冒頭にも書きましたように、とにかく驚きなのが、開発がCC2ではないというところ!なんと今度はヴァルハラの子会社ソレイユが開発を手がけているそうで、『ニンジャガイデン』や『デッド オア アライブ』の江原克則さんがディレクターを努めているというところですね!

残念に思う人もいれば、期待に胸が膨らむといった方もいるかと思われますね!自分はその両方かな。

これまでCC2の手によって作られてきたナルティメットストームシリーズは本当に素晴らしいデキだったと思う反面、ちょっとしたマンネリ感もあったかと思いますのでね。アクションゲームに熟れた江原克則さんが作るナルトも見てみたいっていうww

ただ、自分はストーリー重視なものですから、ナルティメットストームの方が好みかも。今作『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』の方はオンラインマルチ対戦重視な感じがしますので・・・それだと、おそらく自分は購入しない方向になりそうですなぁ。

ちなみに、CC2が手塩に掛けて制作してきたCC2のナルトへの愛が詰まったハイクオリティキャラゲー、ナルティメットストームシリーズ全3作品がひとつのパッケージに収録されPS4でプレイ可能となる『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー』の発売日が2017年7月27日に決定したようです!

一部過去作品とは使用が異なっていたりするようですし、PS4になったことでグラフィックも強化されているハズ、何より物語の追体験が出来るゲームとしても十分に満足のいく作品となっていますので、PS4で一気にナルトの物語を堪能するにはもってこいですよ~!

[当ブログ関連記事]
PS4『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4』ファイナルまで迫力と感動の物語を堪能、プレイ終了後の感想だってばよ!

【Amazon】※『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー』の方です。
【PS4】NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー【早期購入特典】ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016で上映されたアニメ「BORUTO-ボルト-」が視聴できるシリアルコード&「ナルティメットストーム」「ナルティメットストーム2」「ナルティメットストーム3」のイラスト等が収録された屏風型折りたたみポスター


PAGE TOP