新作でもリメイクでもシリーズセットでもないリマスターで復活?PS4『鬼武者』プロモーション映像!ほか。

鬼武者

PS4『鬼武者』プロモーション映像

[SPEC]
・開発/販売:カプコン
・ジャンル:戦国サバイバルアクション
・発売日:2018年12月20日
・価格:パッケージ版 3,490円(税別)、DL版 3,231円(税別)
    幻魔封印箱版 5,990円(税別)
・SERO:C(15才以上対象)


鬼武者公式サイト

雑感

かねてから噂で囁かれていた『鬼武者』とはこのことなのか・・・新作ではなく、リメイクでもないリマスター版『鬼武者』・・・ついに真打ち『鬼武者』の登場かとずっと期待していたんだけどなぁ(苦笑)

せめて金城武シリーズ『1』~『3』をセットにしてほしかった気もせんでもないが・・・もちろん出来れば『新・鬼武者』も。そうするとスイッチ的に容量が厳しいのかな?いや、カプコンはけっこうこういう形でやるパターンが多いか。

だとするとセットで収録されたヤツも後に出る可能性がある?まぁどちらにせよプレイしたゲームのリマスター版はあまり購入しない方向性の自分ですけどもww

それでもまぁこれが『デビルメイクライ5』のように新作への足がかりとなってくれるのなら、喜ぶべき復活なのかもしれないね。今後とりあえず『鬼武者』シリーズを一つずつリマスター化して発売するのであれば、新作まで果てしない時間がかかるかもですが(苦笑)

このリマスター版は、もちろんゲーム内容に変更は無しで、グラフィックの高解像度化、ワイド画面対応・画面比率の切り替え、画面スクロール機能、新操作対応&低難易度の開放、日本語ボイス新規収録、BGM新規作成といった感じのもになっているようです。

昨今は『仁王』、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、『ゴースト オブ ツシマ』といったハイクオリティな和風ゲームが続々発表されています。

もし『鬼武者』の最新作を出して世界を狙うつもりなら、それらに見劣りしないようスイッチは外した方が良いような気もせんでもないけど・・・『バイオハザード Re2』や『デビルメイクライ5』のようにね。

でもまぁ例えマルチであっても、大好きだった『鬼武者』の新作が出るのならば・・・この際、贅沢は言いますまいてぃっ!

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『鬼武者』アクション紹介映像



[スポンサーリンク]

ほか。『Marvel’s SPIDER-MAN』『ミリオンアーサー アルカナブラッド』関連!

PS4『Marvel’s SPIDER-MAN』ゲームシステム解説トレーラー

[SPEC]
・開発/販売:SIE
・ジャンル:アクション
・発売日:2018年9月7日
・価格:パッケージ版 6,900円(税別)
    DL版 7,452円(税込)、デジタルデラックス版 9,612円(税込)
・SERO:C(15才以上対象)

[ゲームシステム解説トレーラー]

[バトル解説トレーラー]

Marvel’s SPIDER-MAN公式サイト

雑感

いよいよ発売日が迫って来た2018年9月の最も注目されるタイトル『Marvel’s SPIDER-MAN』、そのシステムやバトルの解説動画が公開されました。操作もそれほど複雑では無さそうなので、これは『グラビティデイズ』とかのように慣れてくるとかなり面白くなってくるパターンのヤツ!

[当ブログ関連記事]
・⇨【2018年9月新作おすすめPSソフト】PS4『Marvel’s Spider-Man』
・⇦PS4『Marvel’s SPIDER-MAN』 “世界の終わり”トレーラー

 


PS4『ミリオンアーサー アルカナブラッド』プレイアブルキャラ参戦告知映像

[SPEC]
・開発/販売:スクウェア・エニックス
・ジャンル:2D対戦格闘
・発売日:2018年11月29日
・価格:パッケージ版 6,980円(税別)
・SERO:C(15才以上対象)


ミリオンアーサー アルカナブラッド公式サイト

雑感

急に出て来たから何かと思えば『ミリオンアーサー』の格ゲーがアーケードで出てたのね?それをPS4へと・・・なぜにこれはスイッチとのマルチでは無いのか!?よく分らんねぇ。PS4版ではAC版の10人に加えて、山猫アーサー、異界型 咲山小梅、異界型 八神庵が参戦するようです。別タイトルからも参戦するのね(汗)

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『ミリオンアーサー アルカナブラッド』OP、絶対王剣紹介、サポート騎士ムービー

スポンサーリンク