PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』無双アクションRPG『P5S』は『P5』から約半年後の夏休みに起こる事件が描かれる完全新作ストーリー

P5S

PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』の情報をまとめている記事です。PS4『P5S』についての情報(主に動画)が発表されましたら随時更新していきたいと思います。ちなみに上部が最新の情報、下部が以前の記事となっております。

主人公のペルソナたちの扱いは??PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』主人公・ソフィア紹介映像

[SPEC]
・開発/販売:アトラス/コーエーテクモ
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2020年2月20日
・価格:通常版 8,800円(税別)、限定版 13,800円(税別)
・CERO:審査予定

[主人公(CV.福山潤)]

[ソフィア(CV.久野美咲)]

ペルソナ5 スクランブル公式サイト

雑感

主人公ジョーカーと『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』の新キャラクターソフィアの紹介映像です。

まぁキャラクター云々よりも映像内にチラホラ見受けられるアニメーションや展開などに目がいってしまいますね。

ベルベットルームのラヴェンツァとは、本編では登場が遅くてあまり深く関わらなかったので、こちらでは活躍してくれるといいなぁ。

アクションに関しては、様々なペルソナを扱える主人公、その使役するペルソナたちがどのように扱われるのかが気になります。

ペルソナたちを扱うシーンが映像の中にもチラッとあるんですが・・・。

レベルが上がると自動的に増えていくのか、本編のように交渉して仲魔に引き入れていくようなシステムがあるのか・・・後者だと嬉しいけど、う~ん、やっぱ前者寄りになるのかなぁ?



[スポンサーリンク]

以下、PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』の過去記事

ここから下は、以前に当ブログで更新した『P5S』の過去記事になります。

新ストーリーや新キャラクター&爽快アクションPS4『P5S』旅するモルガナ通信#1

雑感

ペルソナ5 ザ・ロイヤル』であった“モルガナ通信”の『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』バージョン“旅するモルガナ通信”のスタートですww

『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』について、ストーリーや新キャラクター、アクションについて解説してくれていますね。

まぁなんだか新キャラ「ソフィア」のアクションというかバトルモーションというか・・・完全に何かしらの無双系キャラに居たような感じのものになっておりますが(汗)

自分はそのソフィアよりも『P5R』の芳澤かすみが登場するのかが気になるところだったり・・・結局『P5R』は購入しませんでしたからね・・・まぁ他にも明智とかいることですし、ストーリーの流れは無視したゲストプレイアブルキャラ的な感じで登場する可能性はありますよね?

ってか、『ペルソナ』シリーズや『メガテン』シリーズからのゲスト参戦もあるか、それこそPS4では『ペルソナ』シリーズ、スイッチでは『メガテン』シリーズって感じで。

さて、他のタイトルとの連動特典も各ハード向けに発表されております。

PS4では『P5』もしくは『P5R』セーブデータ、スイッチでは『スマブラSP』をプレイしたことのある本体でプレイすることによって、「ペルソナ5・サウンドセット」が入手できるようですよ!

発表当初は購入する気なかったのですが、新たなストーリーってところで、自分はこの『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』を購入することに決めました。

そう覚悟を決めると、何気に楽しみになって来ますなww

 


『P5』の後日譚、発売日決定!オタカラBOXも!PS4『P5S』PV01

雑感

『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』の発売日が2020年2月20日に決定!

当初スイッチ版の『ペルソナ5』だと完全に翻弄された『P5S』こと『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』ですが、蓋を開けてみたら、アトラスとコーエーテクモ(オメガフォース)がタッグを組んだ無双アクションRPGと判明。

がっかりした人、逆に心躍った人、様々かと思います。

自分は無双アクションかぁ・・・って感じでしたし、それほど興味も無かったのですが、新たに出てきた情報によると『ペルソナ5』のエンディングから約半年後の夏休みが描かれるという完全新作ストーリー。

『P5R』に望んでいたような設定になっているっちゅーね・・・。

位置づけとしては『P5R』が『P4G』ならば、『P5S』は『ペルソナ4』の後日譚が描かれた2D対戦格闘『P4U』的な感じかなww

『P5R』の魅力的な新キャラクター芳澤かすみも登場するんだよねきっと。

にしても、コーエーテクモ(オメガフォース)の無双アクションと、アークシステムワークスの2(2.5)D対戦格闘ってのは、様々な作品とコラボしていますなぁ(汗)

そんなこんなで当然ストーリー目当てで欲しくなってしまうってもんで、今まさに『P5S』を購入すべきか悩み中ww奇しくもアークシステムワークスのコラボタイトル『グラブルVS』と同じ月っていうね(汗)

う~ん・・・どっちも買っちゃうかなww(←プレイする時間とか無いけどもorz)

さて、発売日と一緒に予約特典や限定版となる「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ オタカラBOX」の情報も公開されています。

[予約特典]
・DLCペルソナシリーズバトルBGMセット:歴代ペルソナシリーズのバトル曲をP5Sの通常戦闘のBGMとして使用することができる!
<収録曲>
PS版『女神異聞録ペルソナ』通常戦闘(リファイン版)
PSP版『Persona』A Lone Prayer
PSP版『ペルソナ2罪』通常バトル曲
PSP版『ペルソナ2罰』通常バトル曲
『ペルソナ3』Mass Destruction、『ペルソナ3ポータブル』Wiping All Out
『ペルソナ4』Reach Out To The Truth
『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』Time To Make History
※後日個別に有料配信も予定

[オタカラBOX]
<同梱物>
・P5Sゲームソフト
・P5S設定資料集(48ページ):本作の設定資料を48ページにわたりふんだんに掲載
・P5Sオリジナル・サウンドトラック(2枚組):アトラスサウンドチームとコーエーテクモサウンドチームがコラボした本作のBGM全45曲を収録
・主題歌メイキングムービーBlu-ray(1枚):「作詞:Lotus Juice」「歌:Lyn」の主題歌「You Are Stronger」収録風景などを収めた楽曲メイキングムービー
・サコッシュ:ペルソナチーム、オリジナルデザインのナイロン製サコッシュ
・手ぬぐい:「ご当地モルガナ」がプリントされた350mm×900mmのザ・手ぬぐい
・描き下ろし豪華スペシャルBOX:ペルソナチーム描き下ろしデザインのスペシャルな箔押しボックス
※「P5Sオリジナル・サウンドトラック」に収録された楽曲は、ゲーム発売から一定期間経過後に配信ならびに別途CDとして発売する可能性あり。

P5S

 


舞台は全国各地へPS4『P5S』予告PV

雑感

ペルソナ5』本編の舞台である渋谷を飛び出して、札幌、仙台、大阪、沖縄など全国各地が『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』の舞台となるようですが・・・。

・・・う、うん。

なかなか映像を見せてはくれませぬな(苦笑)

いったいどんなストーリーになるのだろうか・・・かなり気になります。

ただのお祭りゲーではなく、しっかりとしたストーリーが存在するのであれば、自分は購入する方向になるかと思いますが・・・。

新たな情報は2019年10月24日に公開されるとのことですので、『P5R』発売直前に本格始動させて盛り上げてく感じですかね~。

 


ペルソナ初の無双アクションRPG!PS4『P5S』ティザーPV

雑感

『P5R』と共に噂となっていた『P5S』であり、『スマブラ』にジョーカーが参戦したり、“S”という文字からスイッチ版の『ペルソナ5』しかも完全版が噂されていました。

んが、大どんでん返し?『P5S』は、アトラス(ペルソナスタジオ)とコーエーテクモ(オメガフォース)がタッグを組んで開発している『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』なるもので、PS4とスイッチのマルチ展開だそうです。

『P5S』ってな“S”が付くスイッチ寄りタイトル?かと思いきや、ちゃんとPS4でも出してくれるっていうのが有り難いww

あれだけ頻繁に登場していた『無双』タイトルが最近発表されないなぁって思っていたら、コーエーテクモ(オメガフォース)は『ペルソナ』に手を出していたのねww

アトラスとアークシステムワークスがタッグを組んで発売した『ペルソナ4』の2D格闘ゲーム『P4U』みたいな感じですね。『ドラクエ』で言えば『ヒーローズ』的な扱いですね。

でも、それなら『ペルソナ5』というよりも『ペルソナ スクランブル』にして、これまでの主人公や人気キャラクターを登場させた方が面白いような気もせんでもないですが・・・ってかまぁ、登場するかもだけどww

まだまだ情報はほとんど出ていないのですが、ジャンルがアクションRPGってことで、初見のキャラクターもチラ見せされていますし、どのようなストーリーになるのか、これはこれでちょっと楽しみですね~。

そして、アトラスの基本方針?に関して、現時点ではってことになるのかもしれませんが、とりあえず変更は無いということですね。

『ペルソナ』シリーズのナンバリングはPSハードで、『真・女神転生』シリーズは任天堂ハードでってことで、それぞれ生まれ育った場所(プラットフォーム)や人々(ユーザー)は大切にするということなのでしょうか♪

スイッチユーザーは少し残念だったかもですが、PSユーザーってかプレステを応援している当ブログ管理人としては、ちょっとホッとしていたりもしますww

なんか不思議な逆サプライズを頂いたというか・・・『P5R』『P5S』と『ペルソナ』シリーズ2本が、これまでと変わらずPSハードでしっかり遊べるっていうのは嬉しい限りですね♪

アトラスさん、ほんまありがとうございます♪

スポンサーリンク