PS4『龍が如く7 光と闇の行方』主人公は春日一番、舞台は横浜・伊勢佐木異人町、そしてバトルはコマンド式!?

龍が如く7

PS4『龍が如く7 光と闇の行方』の情報をまとめている記事です。PS4『龍が如く7』についての情報(主に動画)が発表されましたら随時更新していきたいと思います。トップが新規に追加した記事となり、以下へと続きます。

コマンド式でもアクティブPS4『龍が如く7 光と闇の行方』ゲームトレーラー、ストーリートレーラー

[SPEC]
・開発/販売:セガ
・ジャンル:ドラマティックRPG
・発売日:2020年1月16日
・価格:8,390円(税別)
・CERO:D(17才以上対象)

[ゲームトレーラー]

[ストーリートレーラー]

龍が如く7 光と闇の行方公式サイト

雑感

アクションからコマンド方式に変更となって賛否両論渦巻いていますが、自分としては比較的好意的に受け止めています。

まぁナンバリングではなく、外伝的なものでやれば良かったんじゃないかなぁ・・・とは思ってたりもしますが(汗)

そのことを除けば、映像見る限りもの凄くアクティブですし、けっこう楽しそうです。

んで、仲間集めとか楽しそうで・・・最強キャラとか見つけたいですよね!もしかしたらそこに桐生ちゃんが出てくるかも??いや、さすがにゲスト止まりかな(汗)

個人的には綺麗どころの女子ばっか集めちゃいそうですがww

物語の方は、桐生ちゃん編がなかなかに強大な組織の話だったので、ちょっとトーンダウンしちゃう感はありますし、少しコメディ要素も強そうなんだけども、まぁ結果的に今作も熱い話になるのは間違い無いでしょう!



[スポンサーリンク]

以下、PS4『龍が如く7 光と闇の行方』の過去記事

ここから下は、以前に当ブログで更新した『龍が如く7』の過去記事になります。

コマンド式バトル!?PS4『龍が如く7』ティザートレーラー

雑感

『龍が如く6』で桐生ちゃんの物語が終了したので、今後このシリーズがどのように展開していくのかって思っていましたが、フツーに『龍が如く7』で、物語も『龍が如く6』から3年後の設定。

ただし、主人公は桐生ちゃんから春日一番へと変更、舞台も神室町から横浜・伊勢佐木異人町、そして最も驚くべきところが、なんとバトルがアクションからコマンド式RPG風になったというところ!!

龍が如く7

正式には「ライブコマンドRPGバトル」とのことで、リアルタイムに物理演算が行われ、敵との位置関係や配置してあるものなど戦況どんどん変わっていくといった物になっているそうです。

これはちょっと驚きの展開でしたね・・・賛否両論巻き起こりそうですコレww

名越さん的にも、このシステムがあまりにお不評であれば、今後は再びアクションに戻したいみたいなことをおっしゃっているようですが・・・。

個人的には興味津々なんですけどもねww

『龍が如く』シリーズはマンネリ化しないように様々な新要素を追加して来ましたが、これもまたマンネリ化を払拭する意味でも効果的なのかもしれないしね。

さて、毎度豪華な俳優陣が出演する『龍が如く』シリーズですが、『龍が如く7』の主要キャストとしては、中井貴一さん、堤真一さん、安田顕さんといった比較的渋い俳優さんで固められている気がしますねww

また、名越さん曰く「桐生が二度と出ないと言った覚えはない」とおっしゃっているので、もしかしたら桐生ちゃんもパーティキャラ、ゲスト扱いで登場するかも??

スポンサーリンク