PS3『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』クリア後の感想記事・・・キラキラ蘭萌っえ~♪アカン、耳にこびり付いて離れへん・・・。

SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日 感想TOP画像
キラキラ蘭萌っえ~ ・・・思った以上に短命・・・数時間で終了・・・

PS3『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』感想

このタイトルはゲームと映像のハイブリッドなタイトルでありまして、『劇場版マクロスF』や、『ドットハック セカイの向こうに』などと同様に、ゲーム部分がおまけみたいなものでありますので、感想記事を書くか悩んだのですが、ゲーム名がメインになっているタイトルではありますので、一応書くことにしました。

自分はストーリーと、衣装(ストーリーをクリアすれば自然とゲッツ)、やりこみ要素でもあるコンセプトアートについては、残った時間で、やれるところまでかき集めたってところで終了としました。では、あまり書くことも無いっちゃ無いのですが、映像部分も含めてサラッといきます。



[スポンサーリンク]

まずは、映像部分(劇場映画「SHORT PEACE」)

有名クリエイターの皆さま方が、製作した短編集なのですが、正直観るまでは、自分に理解出来るようなものだろうかと心配しておりました。クリエイティブやアーティスティックって聞くと、変に凝ってしまい、ん?って感じる作者の自己満足的で意味不明なモノが多かったりもしますからねww

でも、全然そんな心配は無用で、様々な技術を駆使した映像美も素晴らしいですし、物語も解り易くて、どれも甲乙付け難いぐらいにおもしろかったですね。逆に一つ一つが短過ぎて、もっと続きが観たいと思ったぐらいです。自分的には、特に「GAMBO」と「武器よさらば」が良かったかなぁ。

ゲーム部分(『月極蘭子のいちばん長い日』)

こちらはね・・・映像部分で心配していたような状態の物語であります。一言で言えば意味が解らんってヤツです。たぶん深く考えてはいけないのでしょう・・・。そんな風に割り切って観れば、そこそこ・・・かなww逆にちゃんとしたヤツが観てみたくなる(やりたい放題なので・・・)ほど、設定とかキャラクターは個性的で、なかなか良い味出していました。

アニメーション部分に関しては、このタイトルは、ここに重点が置かれているかと思われますので、量も多いし、それぞれのステージで、アニメのタッチが変わって(実写まで有り)見応えはありました。ただ一番盛り上がるだろう部分が、レトロ風(?)タッチで描かれ、もはや世紀末・・・。状況も絵も世紀末、いや、まさに地獄絵図であります・・・なんでもありかい!っつーね。

ハイスピードエフェクトアクションと謳われているゲームに関しては、初見殺し感はちょっとありましたが、それでもそんなに難しいわけでもないですし、それなりに爽快感もありますし、蘭子も良くしゃべる。いろんなタイプのステージがありますので、まぁ悪くは無い感じだったかな。ただこれも、最終的に、えっ!?ってことになっちゃいます・・・なんでもありかい!っつーね。

ゲーム部分のボリュームについては、冒頭にも書きましたように、ものすごく少ないです。言っちゃって良いのかどうかですが・・・言っちゃいます。10ステージしか有りません。すぐに終わってしまいます。いや、正直自分は、ゲーム部分はもっとちゃんとしているのかと期待していたのですが、“おまけ”の域を越えてませんでした。自分が思ってた以上に“おまけ”です。

やり込みに関しても、こちらがワクワクするような特典が有るわけでも無く、アートワークのピースを様々な?条件を満たして集めて行くってものだけで、自分的にはかもですが、いまいちやる気が起きませんでしたしね。もっと衣装が増える(衣装チェンジもキャラの表示が小さい為あまり意味が無いけど)とか、アニメーションムービーや新ステージが追加されるとかありゃ良かったのに・・・。

まっ最終的には、キラキラ蘭萌っえ~!っつーことで・・・ww

まとめ

映像部分の劇場映画「SHORT PEACE」については、短編のオムニバスであり、ちょっと短いですので消化不良は若干感じるものの、それなりにおもしろかったし、綺麗な映像も見応えありますので、自分は概ね満足したかな。

ゲーム部分のPS3『月極蘭子のいちばん長い日』については、ゲームはそこそこおもしろく、ストーリー及びアニメーションムービーは賛否両論的かな。それよりも・・・とにかくゲームのボリュームが無さ過ぎるorz一応ゲーム名がメインになっているタイトルなので、期待していたのですが、メインストーリーは元より、やり込み部分に関しても、自分が思っていた以上にボリュームが無ありませんでした。悪くない部分もあるだけに、なんかこう色々と惜しいって感じでありましたね。

『劇場版マクロスF』や、『ドットハック セカイの向こうに』なんかと同様に、ゲームは映像の“おまけ”だということを念頭に置いていれば問題無いかと思いますが、自分はこのタイトルに関して、どちらかというと、ゲームがメインで映像が“おまけ”だと考えていたので、余計にそう感じるのかもしれませんが。

もちろんそこまで期待はしていませんでしたが・・・もうちょっと・・・。なので、この『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』を購入する場合、ゲームをやるというよりも映像を観る為、ゲームを買うというよりも映像を買うって感覚で購入した方が良いかもですねぇ。ただし、映像部分も若干ボリュームが無い感じ(本編が約70分)なのであります・・・。

【Amazon】
SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日 - PS3t>


PAGE TOP