新規参入作品「カウボーイビバップ」「魔法騎士レイアース」などPS4『スーパーロボット大戦T』第1弾PV!ほか、PS4版『ドラゴンクエストXI』クリア後の感想!など

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

PS4『スーパーロボット大戦T』第1弾PV

[SPEC]
・開発/販売:B.B.スタジオ/バンダイナムコ
・ジャンル:シミュレーションRPG
・発売日:2019年
・価格:未定
・CERO:審査予定


スーパーロボット大戦T公式サイト

雑感

自分も『スーパーロボット大戦T』が発表された生配信番組“生スパロボチャンネル”をリアルタイムで見ていたのですが、記事にするのは今っていうね(苦笑)

いやね・・・『スパロボ』の動画は、版権の問題か、一定期間過ぎると消されてしまうので、動画メインの当ブログだとちょっと記事(頭記事)にするのを躊躇ってしまうわけなのです(汗)まぁ結局は記事にするわけですが・・・。

そして、やっとマルチからVITAが外れたと思ったら今度はスイッチでしょ・・・PVを見た瞬間フツーに「変わらねぇ~」って口に出して言ってしまう進化の無さに落胆ぶり。

それでも今のご時世、逆にPS4も加えていただけただけでも感謝した方が良いのかな?

自分も以前は『スパロボ』を欠かさずプレイしていたのですが、どうせスキップするけど進化の無い戦闘シーン、変わらないダラダラと長い会話ストーリー進行に少し飽きて来て、いつからかプレイしなくなってしまいました。

さて、ネガティブ発言はこれぐらいにして、『スーパーロボット大戦T』で驚かされたこともあります。

それは新規参入作品ってか、もはやそこしかない気もするけど・・・自分の中では「カウボーイビバップ」「魔法騎士レイアース」にはちょっとトキメキましたねww

そして、今作もまた世界観は一新されていて、今作のみで完結するストーリーとなっているそうです。

最近なかなか第二次へと繋がっていくものは出て来ないですね~。

【参戦作品】
「無敵ロボ トライダーG7」
「聖戦士ダンバイン」「聖戦士ダンバイン New Story of AUEA BATTLER Dunbine」
「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
「機動戦士クロスボーン・ガンダム」「機動武闘伝Gガンダム」
「装甲騎兵ボトムズ」「装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル」
「勇者特急マイトガイン」「勇者王ガオガイガー」
「トップをねらえ!」
「機動戦艦ナデシコ The prince of darkness」
「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」「劇場版 マジンガーZ/INFINITE」「ガン☓ソード」

【機体のみ参戦】
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」
「機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート」「機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート 鋼鉄の7人」
「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」

【新規参戦】
「カウボーイビバップ」
「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」
「魔法騎士レイアース」
「楽園追放 -Expelled from Paradise-」

ちなみに「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」と「楽園追放 -Expelled from Paradise-」については自分ちょっと知り得ていません(汗)

[当ブログ関連記事]
・⇦【2018年3月新作おすすめPSソフト】PS4/VITA『スーパーロボット大戦X』



[スポンサーリンク]

ほか。『ブレードアークス リベリオン フロム シャイニング』『アークオブアルケミスト』『キャサリン・フルボディ』『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』関連!

PS4『ブレードアークス リベリオン フロム シャイニング』ティザーPV

[SPEC]
・開発/販売:セガ
・ジャンル:2D対戦格闘
・発売日:2019年3月14日
・価格:通常版 5,990円(税別)、限定版 9,490円(税別)
・CERO:C(15歳以上対象)


ブレードアークス リベリオン フロム シャイニング公式サイト

雑感

『シャイニング』シリーズ最新作、厳密には『ブレードアークス from シャイニングEX』に『シャイニング・レゾナンス リフレイン』から6名を追加したタイトルですね。

『シャイニング』シリーズも原点回帰して『シャイニング&ザ・ダクネス』的なRPGを作ってくれるといいんだけどもねぇ・・・。

 


PS4『アークオブアルケミスト』プロモーションムービー2

[SPEC]
・開発/販売:コンパイルハート
・ジャンル:タクティカルアクションRPG
・発売日:2019年2月7日
・価格:通常版 7,776円(税込)、DL版 6,912円(税込)、限定版 9,936円(税込)
・CERO:B(12才以上対象)


アークオブアルケミスト公式サイト

雑感

『アークオブアルケミスト』って、なんだかネプネプなコンパイルハートっぽくないゲームですねww昔スクエニのタイトルでこんなのなかったっけ?

あとこれはスイッチとのマルチではないのね。ガストやアークシステムワークスとは違い、コンパイルハートはまだPS4重視でいてくれているのかな?

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4『アークオブアルケミスト』OPムービー
・⇦PS4『アークオブアルケミスト』ティザームービー

 


PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#04「-浮気-」#05「リンの秘密」&「Catherine“理想の声”全ボイスセット」紹介

[SPEC]
・開発/販売:アトラス
・ジャンル:アクションパズル・アドベンチャー
・発売日:2019年2月14日
・価格:通常版 7,980円(税別)、限定版 13,980円(税別)
・CERO:C(15歳以上対象)

[修羅場シアター#04「KATHERINE -浮気-」]

[修羅場シアター#05「リンの秘密」]

[DLC「Catherine“理想の声”全ボイスセット」紹介]

キャサリン・フルボディ公式サイト

雑感

リ、リンってもしかして・・・。

にしても・・・ちっ・・・以前にDLC「Catherine“理想の声”全ボイスセット」の全ボイスムービーを貼って記事にしたのに、まとめて紹介する動画が公開されるとはなorz

自分が何気に楽しみにしている『キャサリン・フルボディ』、忘れがちですがこれVITAでも発売されるんですよね(苦笑)最近「VITA TV」買っておきゃ良かったと後悔していたりする・・・。

[当ブログ関連記事]
・⇨PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#06「-男たちの恋愛観-」
・⇦PS4/VITA『キャサリン・フルボディ』修羅場シアター#03「KATHERINE -恋人-」

 


PS4版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』クリア後の感想

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

感想

思った以上に時間がかかってしまった。ゲームにかけられる時間もあまりないし、いつもちゃちゃっとやって終わらせようと思うんだけど、どうしてもある程度はやり込んでしまう・・・。

ってかクリア後の裏ボスだとかはやり込みというよりも『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』に組み込まれている感半端無いですからね・・・過ぎ去りし時を求めて言うてるし・・・。ネタバレになるので皆まで書きませんが(もう発売から一年以上経ってるけども)

ってことで、本編ストーリー、クリア後ストーリー、やり込み要素とかなりのボリュームだった気がしますよ。裏ボス・・・というよりも連武闘魔行の完クリとかけっこう苦戦してしまいました(汗)

さて『ドラクエXI』を実際にプレイしてみてまず感じたことは、グラフィックの綺麗さですね。CGムービーのクオリティもさすがスクエニでとても綺麗でした。

ゲーム内グラフィックも、スクリーンショットだけでは分らないぐらい細部まで描き込まれていたりするんです。それに加えて、他に無いのではないかと思うほど独特の丸み感といいますか、敵味方のモーションも含めて秀逸です。『ドラクエ』をプレイしてそんな風に思ったのは今回が初めてかもww

いやほんと、スイッチ版がどうなるのか分らないし、スクショレベルでは再現出来るかもしれないけど、実際に触ってみたらまったく同じものは無理なんじゃないかとも思えるほどでした。まぁ逆に知られずに削れる部分も多々あるのかなとも思いますがww

ゲームの方は良い意味でも悪い意味でも『ドラクエ』ですwwフツーに面白かったですww

陸、海、空と冒険する楽しさがありますし、一部装備によって見た目が変わるのも良かった。バトルもやっぱり『ドラクエ』です。自分、ラスボスや裏ボス、ネルセンの試練(勇者の試練ボス×2)、連武闘魔行以外は、ほぼほぼAIにお願いしてましたが(汗)

『ドラクエ』にしては悪くはない物語(特にクリア後と裏ボス倒した後の展開)だと思いますが、“勇者”と“魔王”という属性だけで、半ば強引に引っ張られるストーリー展開には苦笑いでしたね。

あとは、ご存知のボイス無しってところ・・・ここが一番良くない。自由度が高いゲームならまだしも、選択肢の無い一本道であり、ここまでのグラフィックやCGムービーでありながら、字幕て・・・盛り上がりに欠けることこの上無しでしたね。わかっちゃいたけど本当にガッカリ感が凄かった。

後発の海外版やスイッチ版にボイスが入ることからしても、その必要性を感じていたハズ・・・声が無い方が良いとおっしゃる方がいるから・・・なんて言い訳でしかなく、3DS版と同発にするからって理由が大きかったように感じます。

そういった意味では、今後プレイしようかと考えている方は、スイッチをお持ちであれば、多少グラフィックは落ちたとしてもスイッチ版を待ってプレイした方が良いと思いましたね。

[当ブログ関連記事]
主人公は勇者の生まれ変わり、PS4『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』専用ページ