PS4『Ghost of Tsushima』inFAMOUSのサッカーパンチが開発する和風アクション、日本や侍に対する描写へのこだわりが凄過ぎる!

Ghost of Tsushima

PS4『Ghost of Tsushima』の情報をまとめている記事です。PS4『ゴースト オブ ツシマ』についての情報(主に動画)が発表されましたら随時更新していきたいと思います。トップが新規に追加した記事となり、以下へと続きます。

日本へのこだわりが凄い!PS4『Ghost of Tsushima』日本語吹替え版E3 2018トレーラー

[SPEC]
・開発/販売:サッカーパンチ/SIE
・ジャンル:不明
・発売日:未定
・価格:未定
・CERO:審査予定

雑感

先日E3にて公開された『Ghost of Tsushima』E3 2018トレーラーの日本語吹替え版が公開されましたね。なんか(仮称)が付いたけど和名は変わるのかな?

うん、いいね。日本語になると和風だけに洋ゲーだってことを忘れてしまいまそうになりますww

というか何度見ても綺麗なグラフィックですねぇ。

サッカーパンチはかなりこだわってこの『Ghost of Tsushima』を作っているようで、拡大解釈はされているものの日本の美しさや、侍のかっこよさ、そして日本人から見ても変に感じないものを作りたいのだそう。

そこは日本の開発陣さえも驚かされるほどに、こだわっているようです。

また、侍が英語を話すのは違和感があるので日本語でプレイしたいと言う海外ユーザーが多く、製品版では海外版でっても日本人(侍)が話すところは日本語ボイスで字幕表示になるとのことですよ。(切替出来るようになる?)

どんだけ侍をリスペクトしてんだ!?って話ですww我々日本人の誇りですね!まぁもはや失われつつある侍魂ですが・・・。

SIEタイトルと言えば、日本でも『Detroit: Become Human』がじわ売れし続けていますし、海外では『ゴッド・オブ・ウォー』も爆売れ、『Marvel’s Spider-Man』の発売も近く、さらにこういった期待されるタイトルもまだまだ控えています。

和ゲーの方でも、『ドラクエ』『FF』そして『ペルソナ』は出揃っていますし、『モンハン:ワールド』が日本でも海外でも爆売れ、『キングダムハーツIII』の発売日も発表されました。それに黙して控えているタイトルも多い。

ライバル?スイッチの台頭や、PS5の噂もチラホラ出始めていますが、なんだかんだで和ゲーも洋ゲーも集い、成熟期とも言えるPS4の勢いはまだまだとどまるところを知りませんね~。ありがたや~ありがたや~。



[スポンサーリンク]

以下、PS4『Ghost of Tsushima』の過去記事

ここから下は、以前に当ブログで更新した『ゴースト オブ ツシマ』の過去記事になります。

洋ゲー和風アクションPS4『ゴースト オブ ツシマ』ゲームプレイ動画

雑感

いやぁE3のソニーのプレカンファ「PlayStation® E3 2018 Showcase」は仰天するようなサプライズは無かったものの、めちゃ楽しかったなぁ♪

一番最初に紹介された『The Last of Us Part II』がけっこう時間をかけていたので、おいおい・・・と思っていたら、中盤あたりから一気にタイトルが発表されて、次は何!?次は!!ってPCに釘付けでしたww

その中でも自分が最も気になったタイトルがこれ『Ghost of Tsushima』ですね!とにかく映像が綺麗!映像って言ってもゲームプレイ動画なのでムービーとかではありませんよ!本当に凄い!

こんな綺麗な日本がどこにあるのか不思議に思えるほど綺麗www流石『inFAMOUS』のサッカーパンチってところでしょうか。

このE3 2018では、PS4に和風アクションがいくつか発表されました。

フロムの『隻狼 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、コーエーテクモの『仁王2』、そしてこのサッカーパンチの『Ghost of Tsushima』。

どのタイトルも気になるし、かなりクオリティ高そうなんですが、一歩秀でている感あるのが『Ghost of Tsushima』になるでしょうかね。

キャラクターの顔はちょっとぶちゃいですけども(苦笑)リアリティという面ではそれもまた然り。

キャラクターのかっこよさで言えば『隻狼』や『仁王2』といった日本のメーカーが作っているヤツの方が、やっぱ上いっちゃいますね。

 


サッカーパンチ新作!PS4『ゴースト オブ ツシマ』日本国内向けアナウンス映像

雑感

『inFAMOUS』のサッカーパンチが中世の日本を舞台にしたオープンワールドアクション・アドベンチャーを出すだと・・・圧倒的なモンゴル帝国軍勢に対し、名誉ある戦い方を捨てた武士が戦場の亡霊として戦うという『ゴースト オブ ツシマ』。

ちょっと気になるねぇこれ!

『仁王』はあったけど日本人がこういうのは出せよ!

スポンサーリンク